これはカップルとの戦いなんだよ。新海誠嫌いの俺が映画『君の名は。』を観た感想

デートで「君の名は。」を見た友達が、告白してそのまま付き合ったので、散々見ないと豪語してたのに映画館に観に行った。

君の名は。

161029_07

解説

『星を追う子ども』『言の葉の庭』などの新海誠が監督と脚本を務めたアニメーション。見知らぬ者同士であった田舎町で生活している少女と東京に住む少年が、奇妙な夢を通じて導かれていく姿を追う。キャラクターデザインに『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』シリーズなどの田中将賀、作画監督に『もののけ姫』などの安藤雅司、ボイスキャストに『バクマン。』などの神木隆之介、『舞妓はレディ』などの上白石萌音が名を連ねる。ファンタスティックでスケール感に満ちあふれた物語や、緻密で繊細なビジュアルにも圧倒される。(シネマトゥデイより)

あらすじ

1,000年に1度のすい星来訪が、1か月後に迫る日本。山々に囲まれた田舎町に住む女子高生の三葉は、町長である父の選挙運動や、家系の神社の風習などに鬱屈(うっくつ)していた。それゆえに都会への憧れを強く持っていたが、ある日彼女は自分が都会に暮らしている少年になった夢を見る。夢では東京での生活を楽しみながらも、その不思議な感覚に困惑する三葉。一方、東京在住の男子高校生・瀧も自分が田舎町に生活する少女になった夢を見る。やがて、その奇妙な夢を通じて彼らは引き合うようになっていくが……。(シネマトゥデイより)

★★★★☆(本当は★★★★★)

カップルだらけの中、バターぶっかけたポップコーンとコーラ持ってキモオタが一人で見てきましたよ。これは戦いなんだよ。

僕は見ないで批判するのは老害がすることだと思ってるので、なるべくそういうことはしないようにしてます。
なので、「君の名は。」を見た上で批判してやろうって魂胆なわけです(かなり性格が悪い)。

で、見た結果。名作かよ~~(笑)

新海誠の映画って嫌いだったんですよ。
後味悪いじゃないですか。今回もそういう雰囲気があって、うわーまたこのパターンなのか!?とかなり焦ったんですけど、今回はかなり大衆向けを意識したのが伺えました。だからヒットしたんでしょうね。

本当は満点だけど、これだけ騒がれてると満点付けるのが恥ずかしいので★4です(笑)

主人公の瀧くんがあの歳でアーロンチェアを使ってたことが僕の中ではかなり衝撃でしたね。
やっぱりイケメンはアーロンチェアなんですよね。

僕はニトリの漫画喫茶みたいな椅子ですよ。
こーいうところなんですよね。イケメンと「それ以外」の違いって。

あと、オタクは「口噛み酒が飲みてぇ」って思いますよね。

余談ですが、バナナマンのラジオで日村さんが替え歌をするコーナーがあるんですが、「君の名は。」のテーマソング「前前前世」の替え歌「モテないの分かってますよバージョン」がかなり良いので貼っておきます。我々が歌うときはこっちのバージョンですね。