呪い勝つのはどっちだ?映画「貞子vs伽椰子」感想

「リングシリーズの貞子、呪怨シリーズの伽椰子、呪い勝つのはどっちだ?」というネタ系映画。
それもそのはず、元々はエイプリルフール企画だった。

sadako_kayako

解説

世界でも評価の高いJホラーの2大キャラクター、『リング』シリーズの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子の対決を描くホラー。貞子と伽椰子、さらには『呪怨』シリーズの俊雄も絡み、恐怖のキャラクターたちによる衝突を活写する。主演は、『東京PRウーマン』などの山本美月。監督には『戦慄怪奇ファイル』シリーズや『ボクソール★ライドショー~恐怖の廃校脱出!~』などの白石晃士。Jホラー界を代表するキャラクターたちの対決の行く末に期待。(シネマトゥデイより)

あらすじ

女子大生の有里(山本美月)は、あるビデオを再生する。それは、観た者に貞子から電話がかかってきて、2日後に死ぬという「呪いの動画」だった。一方、女子高生の鈴花(玉城ティナ)は引っ越し先の向かいにある「呪いの家」に入ってしまう。霊媒師の経蔵(安藤政信)は二つの呪いを解くために、呪いの動画の貞子と呪いの家に居る伽椰子を激突させようとするが……。(シネマトゥデイより)

★★★☆☆

監督は白石晃士。ドキュメント形式のホラー作品に絶大なる才能を発揮する人です。
僕はこの監督の他作品(特に「ノロイ」「コワすぎ!」シリーズ)が大好きなので、さっそく見に行きました。

貞子ほどの強力な呪いは霊媒師もお手上げレベル。
では、解くにはどうすればいいか?
同じぐらい強力な別の呪い(伽椰子)にぶつければお互いに呪い合ってやがて消失する…

く…くだらねぇ…笑

貞子と伽椰子の呪いバトルは必見!
…ただ、そこまでの前フリがあまりに長すぎる。
本編の90%が前フリで、バトルはたった10%程度。
「貞子vs伽椰子」というタイトルにしては物足りなさ過ぎるっ…!

所々、白石晃士監督っぽさは出てるんだけど、やっぱり丸々自由には撮らせてもらえなかったのかなぁ…
貞子も伽椰子も、もはや誰も怖がらなくなっちゃっただけに、どうせネタ映画なんだしもっと思い切りやってほしかったな。
貞子はもはや可愛いく見えるし…

貞子と伽椰子、どっちが呪い勝つと思います…?
このラストは想像つかなかった。あまりにくだらなくて(笑)