マーベル・コミックの問題児がとうとう映画化。映画「デッドプール」感想

マーベル・コミックの問題児がとうとう映画化。
不死身だし、自分が漫画のキャラだということを自覚しているし、ずーっと下ネタばっかり喋るし… やりたい放題か。

deadpool

解説

『[リミット]』などのライアン・レイノルズを主演に迎え、マーベルコミックスの破天荒ヒーローを実写映画化したアクション。人体改造により人並み外れた治癒能力と不死身の体を手にした主人公が、ジョークを口にしつつ暴れまくる姿を描く。共演は『トランスポーター イグニション』などのエド・スクライン。現実世界とフィクションの境を越えて、観る者を自分の世界に引き込む風雲児の活躍に胸が高鳴る。(シネマトゥデイより)

あらすじ

ウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は、以前は優秀な特殊部隊の傭兵(ようへい)として活躍していたが、今は悪者を気まぐれに痛めつけては金を稼いでいる。すっかり正義のヒーロー気取りの彼は恋人との結婚も決まり幸福の絶頂にあったが、いきなり末期ガンだと診断される。とある組織にガンを根治できると聞いたウェイドは、彼らに同行して人体実験を受ける。(シネマトゥデイより)

★★★☆☆

まぁまぁ楽しめました。
個人的には笑いどころがもうちょっと欲しかったかな…?

デッドプールは自分が漫画のキャラクターだと自覚しているので、自分でカメラの位置動かしちゃったし、映画を巻き戻しちゃったり、観客に話しかけてきたり、やりたい放題だった。

字幕だと表現が柔らかくなっているという情報があって、吹き替え版で見ました。
吹き替え版だと確かに直球の下ネタをぶち込んでくるんですけど、やっぱアメリカンジョークを日本語で言っても滑るんですよね。
字幕で行けばよかったかなぁ~と、ちょっと後悔。

スタッフロール後にも映像あるので帰らないように。
デッドプール先生の次回作にご期待ください。