平凡なコンビニバイトが覚醒?映画『エージェント・ウルトラ』感想

平凡なコンビニバイトがある出来事をきっかけに覚醒。実は記憶を消されたCIAのスーパーエージェントで、そんな彼を始末しようとする敵をことごとく返り討ちにしていくというコメディ映画。

agent-ultra_001

解説

『ソーシャル・ネットワーク』などのジェシー・アイゼンバーグ、『トワイライト』シリーズなどのクリステン・スチュワートが共演したアクション。CIAの洗脳プログラムによって工作員へと育成された青年が、巨大な陰謀と恋人に迫る危機に立ち向かう。メガホンを取るのは、『プロジェクトX』のニマ・ヌリザテ。『ロスト・ハイウェイ』などのビル・プルマン、『スパイダーマン3』などのトファー・グレイスらが脇を固める。ダメ青年から敏腕工作員へと瞬時に変貌する主人公の姿が痛快。(シネマトゥデイより)

あらすじ

片田舎のコンビニでバイトをしているダメ青年マイク(ジェシー・アイゼンバーグ)は、一緒に住んでいる恋人フィービー(クリステン・スチュワート)とハワイ旅行に出て結婚を申し込もうと決意する。だが、出発前にパニック発作を起こして旅行は中止に。ある日、彼は店に乱入してきた暴漢たちを無意識のまま瞬殺してしまう。それを機に、マイクがCIAの極秘マインドトレーニング計画で育成されたエージェントであったことが判明。やがて計画の封印を進めるCIAから次々と刺客を放たれ、フィービーを誘拐されてしまうが……。(シネマトゥデイより)

ストーリー自体は特に何も印象に残らない平凡なもので、少々がっかり。
コメディ映画にしてはギャグも少なめ。もっとフザケてもよかったんじゃないかなあ。

そこら辺に転がっているものを何でも武器にしちゃうアクションが一番の見どころ。
特に、後半のホームセンターでの乱闘は楽しい。
キッチン用品エリア→工具エリアの流れにはニヤニヤ。

でもやっぱり、ここ最近のこういったアクション映画「キングスマン」や「ジョン・ウィック」なんかと比べてしまうと物足りなさを感じてしまう。そして、主人公の強さ的にも彼らより弱め。割りとダメージも割もくらっているし、中途半端な強さでモヤモヤ。いや、強いは強いんだけどさ…

あとはエンドクレジットのアニメが楽しい。
これ本編中にもうまく絡ませて出した方がもうちょっと印象的な映画になってよかったんじゃないか?

★★★✩✩:3点 ホームセンターでの乱闘以外は特に印象に残らない…