紳士なクマのドタバタコメディ 映画『パディントン』感想

絶滅危惧種の喋る熊がある事故をきっかけにロンドンへ移住することになり、そこで知り合った家族と繰り広げるドタバタコメディ映画。プロデューサーがハリーポッターの人らしく、舞台もロンドンということで、所々ハリーポッターっぽい。

paddington_01

解説

長年世界中で愛されている、マイケル・ボンドの児童文学「くまのパディントン」を実写映画化。見知らぬ国にやって来たクマが親切な家族と出会い、パディントンと名付けられて新しい冒険に乗り出す姿を映す。『ハリー・ポッター』シリーズなどのプロデューサー、デヴィッド・ハイマンが製作を手掛け、『追憶と、踊りながら』などのベン・ウィショーがパディントンの声を担当。キュートな主人公の活躍が老若男女の心をわしづかみにする。(シネマトゥデイより)

あらすじ

ある日、大都会ロンドンのパディントン駅に、真っ赤な帽子がトレードマークの小さなクマが降り立つ。南米ペルーの奥深いジャングルから長旅の末ようやくイギリスまでたどり着いた彼は、右も左もわからない状態だった。思い切って丁重な態度で通行人に語りかけるものの、言葉を話すクマに反応してくれる人はおらず……。(シネマトゥデイより)

そもそもなんで喋るクマが都市に現れてるのに誰一人騒がずにすんなり受け入れるのか、時代は現代なのにスチームパンクな施設など、世界観がちょっとよく分からない。ファンタジー方面で行くならもっと振り切ってくれた方が分かりやすい。中途半端でモヤモヤする。

原作は児童小説なので、喋るクマをすんなり受け入れるのは物語上の暗黙のルールなのかもしれないが、クマがリアルすぎるために違和感がある。
原作を読んでいないので分からないけど、原作にもパディントンを狙う敵が登場するんだろうか?
児童小説で生きた動物を剥製にしようとする敵が??

paddington_02

調べてみたけど、やっぱりそんなのは登場しないっぽい…?
こんなにかわいい絵柄で、麻酔銃とかぶっ放してくる敵が登場するわけないよな… 笑

その敵役がニコール・キッドマンだけど、あの人もうすぐ50歳らしいじゃん?
確かに50歳であの若さは異常だけど、整形でもさすがにババア感は隠しきれていないというか、わざわざニコール・キッドマンを起用しないでもっと若い女優でよかったんじゃないかな…??

★★★✩✩:3点 パディントンが可愛いからギリ見れる。内容的には何も印象に残らない平凡映画。ハリーポッターを見よう!