ギレルモ・デル・トロ監督作品 映画『クリムゾン・ピーク』感想

「パンズ・ラビリンス」「パシフィックリム」などでお馴染みギレルモ・デル・トロ監督の新作。今回はゴシックホラー?的な作品。パシフィックリムは好きなのですが、パンズ・ラビリンスは評判良い割にあんまり僕は好きじゃないので、見に行く前から少々不安でした。

crimson_01

解説

『パンズ・ラビリンス』などの鬼才ギレルモ・デル・トロが放つミステリーホラー。クリムゾン・ピークと呼ばれる屋敷で生活する女性が、次々と出現する亡霊たちに導かれるようにして同地に隠された恐ろしい秘密に近づいていく。『アリス・イン・ワンダーランド』などのミア・ワシコウスカ、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』などのトム・ヒドルストン、『ゼロ・ダーク・サーティ』などのジェシカ・チャステインなど実力派が結集。謎と恐怖が交錯する物語に加え、ダークでありながら美麗なビジュアルにも引き込まれる。(シネマトゥデイより)

あらすじ

10歳のとき、死んだ母の幽霊と遭遇したイーディス(ミア・ワシコウスカ)。それ以来、彼女は亡霊を目にするようになる。トーマス(トム・ヒドルストン)と運命的な出会いを果たした彼女は、自分の父親が謎めいた死を遂げたのを機に彼と結婚。赤粘土の影響で雪が赤くなることからクリムゾン・ピークと呼ばれる山頂に立つ豪邸に、トーマスの姉ルシール(ジェシカ・チャステイン)と共に移り住むことに。三人での生活にも慣れてきたころ、体を真紅に染めた亡霊たちがイーディスの前に現れ奇妙な警告をする。(シネマトゥデイより)

この監督は異世界のモンスターデザインや舞台セットがすごく素敵ですよね。
今回は古い館や亡霊なんかが出てきますが、醜くもあり美しくもあり、見ていて飽きません。

でも、ストーリー自体は正直ありきたりでした。あれもこれも、どこかで見たことのあるようなお話…
内容よりも映像に期待して見た方がいいですね。

これがゲームになったらな… と、思うシーンが多々あり、ギレルモ・デル・トロ監督と小島監督がタッグを組んで制作予定だったサイレントヒルの開発中止が悔やまれます…

★★★✩✩:3点 映像は素敵、でも内容はありきたり。もう一捻りあれば…