WiiU「Splatoon(スプラトゥーン)」完成披露試射会 感想

2015年5月9日(土)12:00-13:00、20:00-21:00と5月10日(日)04:00-05:00に行われたWiiU「Splatoon(スプラトゥーン)完成披露試射会」。
Splatoon Directを見てテンションアゲアゲの状態で土曜日の試射会にさっそく参戦した。

splatoon_02

最初にキャラクター選択があり、もちろんイカちゃん(女の子)を選択。
肌の色は白っぽく、眼の色は赤っぽく。

最初にチュートリアルがあり、風船を割ったりイカに返信して壁を登ったりといった基本操作を学習。
ゲームパッドのジャイロセンサーで上下視点、Rスティックで左右視点移動という非常にトリッキーな操作方法でかなり混乱した。
公式ではこの操作をとにかくゴリ押ししているが、こんな操作でまともに遊べる人はいるんだろうか…

オプションでジャイロセンサーはオフに出来るので速攻オフに。

一通りの操作を終えてさっそくオンラインプレイ。
ゲーム内容は「ナワバリバトル」。
お互いのペイント弾でマップを塗り合い、より広い陣地を塗ったチームが勝つという基本ルール。
製品版では他にも色々とモードがあるようだ。

splatoon_03

皆が言っていると思うが、ローラーが勝敗に大きく影響しすぎている。
4人全員がローラーで、相手チームにローラーが少数などの場合、よほどのことがない限り勝利できる。
最終的に皆ローラーばかり使っていてゲームバランスが崩壊していた。

確かにローラーは移動速度が他の武器に比べると遅いため、銃で正面から攻撃された場合には弱いが、塗れる範囲の広さとインク切れまでの保ちが割りと良いためゴリ押しでどうにか勝ててしまう(キルデスはこのゲームの勝敗には関係がないため)。

製品版発売日に同時にパッチを配信してこの辺りのバランスを調整してほしいところ。また、戦況によって武器の交換が出来るようにするのは必須かと思うのでこちらも改善してもらいたい。

あとはオンラインではプロコンが使えないことにも不満。公式サイトによるとプロコンはオフライン時の友達との対戦モードでのみ使えるようだ。
全プレイヤーが同じ条件でプレイする環境にしたい気持ちは分かるけど、だってタブコンって正直失敗作じゃん…

最後にアミーボについて一言言わせてください。
アンロック要素にアミーボを使うのやめろ。

以上です。