白石晃士監督「戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 最終章」「ある優しき殺人者の記録」セル・レンタル開始

白石晃士監督の映画「戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 最終章」「ある優しき殺人者の記録」2本のセル・レンタルが開始しています。
「戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 」シリーズは本作でとうとう最終章を迎え、次回からは「超コワすぎ!」シリーズがスタートするそうです。
さっそく2本ともレンタルして視聴しましたので感想です。

「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズとは?

kowasugi-list

「コワすぎ!」シリーズは2012年の「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01【口裂け女捕獲作戦】」から続いている白石晃士監督のホラーモキュメンタリー作品。ディレクターの工藤、アシスタントの市川、カメラマンの田代の3人が投稿された奇怪な動画を元に、実際に現地へ行き調査するといった内容となっている。

FILE-01からFILE-04まではそれぞれ単体でも楽しめるようになっているが、シリーズを通して話がつながっているため、初めて見る場合はシリーズの最初から順を追って見ることをオススメします

コワすぎ!シリーズ一覧

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01【口裂け女捕獲作戦】
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02【震える幽霊】
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03【人喰い河童伝説】
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-04【真相!トイレの花子さん】
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版(本作)
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!最終章

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 最終章

kowasugi-1

「史上最恐の劇場版」にて異世界へ飲み込まれてしまった工藤と市川。
そして新宿上空に突如現れた巨人。あれから一年後、カメラマンの田代の前に謎の男が現れる…

工藤と市川を連れ戻すために与えられる試練が、色々と突っ込みどころ満載。特にパンツのくだりとか必要だったか…?笑
そして結構あっさりと完結してしまったなーという残念さも。
伏線はまだまだ残りまくっているし、次のシリーズにその辺が絡むのかはまだ不明だけど、とにかく市川がどんどんいい女になってきている気がする(笑)

白石晃士監督の他の作品との絡みも今回はあり、ファンにはちょっとしたサプライズが。

ある優しき殺人者の記録

aru-yasashiki

韓国の障害者施設から脱走した連続殺人事件の指名手配犯パク・サンジュン。
彼から「独占取材をしてくれ」と電話を受け、呼び出された女性ジャーナリスト キム・ソヨンは、日本人カメラマンを連れ、インタビュー収録に臨む。

本作は「86分ワンカット(風)」のモキュメンタリー作品で、そのほとんどが廃マンションの一室で起こる。
コワすぎ!シリーズと比べてギャグ無しの硬派な作品になっていた。
R15作品ということで、多少の性的描写と暴力的な内容になっているが、うまいこと話がまとまっていてラストも珍しくハッピーエンド(?)だった。

最近はコワすぎ!シリーズばかりだったので、久しぶりに白石晃士監督の真面目な作品が見れてよかった。
こちらも白石晃士監督の他の作品との絡みもあり、知っているファンだけがニヤリとする部分も。