映画「ミュータント・タートルズ」感想

毒にも薬にもならない映画だということは監督で分かってたんでいいんですけど…

解説

忍者の扮装をしたカメのヒーローたちの活躍を描き、アメコミやアニメ、映画化で人気を博した作品を、マイケル・ベイ製作で実写映画化したアクション。ニューヨークの地下道に暮らし、悪から街を守るべく戦うタートルズたちの勇姿を活写する。メガホンを取るのは、『世界戦略:ロサンゼルス決戦』『タイタンの逆襲』などのジョナサン・リーベスマン。『トランスフォーマー』シリーズなどのミーガン・フォックスや、『俺たちフィギュアスケーター』などのウィル・アーネットなどが出演する。ベイらしい迫力満点のアクションシーンが期待できる。(シネマトゥデイより)

あらすじ

ニューヨークで悪事を働く犯罪組織フット団を追っていたテレビレポーターのエイプリル(ミーガン・フォックス)は、ある日、強盗に入ったフット団をこらしめる何者かの姿を目撃する。数日後、エイプリルは別の現場でフット団をやっつける何者かに遭遇。撮影に成功するも、そのヒーローたちの正体は人間の言葉を話し、体長180センチもあるカメだった。(シネマトゥデイより)

映画館で吹替版しかやってなかったので選択肢はそもそもなかったんですけど、上映中ずっと吹き替えの下手くそさが気になってたんですよね。

映画終わって調べたら「ベッキー」「泉ピン子」「カンニング竹山」という豪華キャストによる吹き替えだったと分かって、思わず「カワバンガ!」って叫んで、人混みを全速力で駆け抜けました。

朝8時の上映だったので周りに老夫婦しかいなかったけど、楽しめたのか……?
スプリンター先生とシュレッダーの戦いはかっこよかった。
続編あったら絶対にクランゲ出してほしい。

\サワキちゃん! 評価:★★☆☆☆ 2点(芸能人声優じゃなかったら3点)/

krang