罠を避けてチーズをゲット!ボードゲーム「チーズがいっぱい(Alles Kase!)」ルール説明

第2回の今回は、ちょっと可愛らしいチーズの絵柄が特徴のカードゲームの紹介です。
サイコロを順番に振って、場に伏せた6枚のカードから出目と同じ数穴の空いたカードを取ってポイントを稼いでいく簡単なルールのゲームなので子供から大人まで楽しめます!

しかし、カードの裏には「喜んでいるネズミの絵柄」と「罠」の絵が書いてあり、「罠」の絵のカードを取ってしまうとポイントにはなりません。また、穴の数が多いほどポイントは高くなっていきますが、その分「罠」の確率も上がっていきます。カードは必ず取る必要はなく、「罠」だと思ったら場から排除することも出来ます。「罠」を3枚集めてしまうとゲームは終了、そのプレイヤーは0ポイントです。

サイコロの出目の数穴の空いたカードがない場合、好きなカードが「喜んでいるネズミの絵柄」なのか「罠」なのか他のプレイヤーに見えないよう覗き見することが出来、これが戦略性をアップさせています!

alleskase_15

ボードゲーム詳細

作品名:チーズがいっぱい(Alles Kase!)
メーカー:ABACUSSPIELE(アバクスシュピーレ)
発売年:2013年
作者: Meelis Looveer(ミーリス・ルーヴィル)
プレイ人数:2~6人

詳しいルール

まず、下の写真のように山札から6枚カードをめくって裏面にして並べます。チーズの絵の穴がそのままポイントになっていて、サイコロ同様に1~6ポイントまで用意されています。

alleskase_02

しかし、カードの表面には「喜んでいるネズミの絵柄」と「罠」の絵柄があり、「罠」の絵柄を引いてしまった場合はポイントにはなりません。「罠」の絵柄を避けながら、サイコロの目に合わせてポイントの高いチーズのカードを集めていくといった内容です。

alleskase_03

ここで重要となってくるのが「罠」の含まれている確率です。実は、ポイントが高いカードほど「罠」の枚数が多く設定されています。

1のカード:6枚中2枚が罠
2のカード:6枚中2枚が罠

3のカード:6枚中3枚が罠
4のカード:6枚中3枚が罠

5のカード:6枚中4枚が罠
6のカード:6枚中4枚が罠

こんな感じです。点数の高いカードを引くときはそれなりのリスクが伴ってくるので慎重に…
ちなみに誰かが「罠」カードを3枚集めてしまった段階でゲームは終了となります。

alleskase_15

では、まずサイコロを振ってみましょう。

alleskase_04

alleskase_05

「1」が出ました。

並んでいる場のカードに同じ数穴の空いたカードがあれば「A.カードを取る」「B.カードを除外する」のどちらかのアクションを行えます。ちなみに、同じ数穴の空いたカードが複数あった場合には好きな方を選んで行います。「B.カードを除外する」については後ほどご説明します。

「1」のカードの場合、罠が含まれている確率は低いので取ることにします。カードを取る場合、カードの表面をめくって絵柄を確認します。

alleskase_06

alleskase_07

ぺらっ
「ネズミが喜んでいる絵柄」なので「1ポイント」ゲットとなります。自分の手前に置いていきます。

alleskase_08

取ったカードのあった場所へ山札から1枚補充し、次の人のターンになります。サイコロを振ります。

alleskase_10

また「1」が出ました。しかし、並んでいる6枚のカードに「1」のカードはありません。この場合、どれか1枚のカードの表面を誰にも見られないように自分だけこっそり「覗き見」することができます。

せっかくなのでポイントの高い「6」のカードを覗き見します。

alleskase_12

あ…「罠」だ…

他のプレイヤーはこのときの表情や仕草を観察しているので、このときのリアクションが結構大切。
ポーカーフェイスでいくか、苦しい表情をするか、欲しそうな顔をするか…
わざと取らせるように仕向けたいですね。

続いて次の人が「6」の目を出したとします。そのとき場に「6」のカードがあるので「A.カードを取る」「B.カードを除外する」のアクションを行えますが、「B.カードを排除する」を選んだとしましょう。その場合、表面を見ずにそのカードはゲーム上から除外し、ゲーム終了まで二度と使用しません(山札には加えず、脇にでも置いておきましょう)。空いた場所に山札からカードを一枚補充して次の人のターンへ移行します。

alleskase_13

alleskase_14

「カードを排除する」のは「5」や「6」など罠の確率が高いときに取る自信がないときや、「どうやら罠っぽいぞ」と思った場合などにリスクを避けるために使ったりします。「あいつこれ覗き見してたのに取れる場面で取らなかったな、ということは罠か…?排除しとこう」といった感じです。

これを繰り返して誰かが「罠」カードを3枚集めるか、山札のカードがなくなるまで続けてゲームは終了です。
「罠」カードを3枚集めてしまったプレイヤーはそれまでどんなにポイントを稼いでいても「0ポイント」になり、それ以外のプレイヤーは手持ちのポイントを計算して勝者を決めます。

とても簡単なルールなので子供から大人まで楽しる可愛らしいゲームでした。
頭を使わないゲームなので、ちょっとした息抜きに遊んでみてはいかがでしょうか?