サイコをぶつけてゾロ目を出せ!ボードゲーム「ストライク/Strike(Der große Wurf)」ルール説明

今回からボードゲームの紹介を始めようと思います!テレビゲームも良いけど、やっぱりみんなでワイワイ遊べるボードゲームも良いよね!というわけで、最近ボードゲームにハマりつつあるキッカケになった「ストライク/Strike (Der große Wurf)」をご紹介します。

メンコのようにサイコロを1つずつコロシアムに振って、ゾロ目が出たらゾロ目のサイコロを全て自分の手持ちに加えて次のプレイヤーのターンへ。このように繰り返し、最後まで手持ちのサイコロをなくさずに持っていたプレイヤーが勝者となります。しかし、ゾロ目が出るまで何度サイコロを振っても良いし、途中で振るのをやめて次の人へパスしても良いというチキンレース的な要素がゲームを盛り上げます!

ゾロ目が揃って場にサイコロが一つもなくなってしまった場合、次の人は手持ちのサイコロを全て振らなければいけないというルールも楽しいです!

photo_16

ボードゲーム詳細

作品名:ストライク/Strike(Der große Wurf)
メーカー: Ravensburger(ラベンスバーガー・ドイツ)
発売年:2012年
作者: Dieter Nüßle(ディーター・ニュッスル)
プレイ人数:2~5人

詳しいルール

「ストライク」は一人1つずつサイコロを振り、ゾロ目が出たら出た目のサイコロを全て自分の手持ちに加えていき、最後までサイコロを無くさずに持っていた人が勝ちという単純なルールのゲームです。しかし、ゾロ目が出なければ「出るまで何度も手持ちのサイコロを振ってもいい」し、「諦めて振るのを辞めても良い」というチキンレース的な要素が入っています。

photo_02

箱を開けるとサイコロを振るためのコロシアムが用意されています。そしてこの黒いサイコロをプレイ人数に合わせて配ります。

2人:9つ
3人:8つ
4人:7つ
5人:6つ

サイコロはちょっと特殊な作りになっていて、本来「1」の目が「×」になっています。

photo_03

この目が出てしまったサイコロはゲーム上から排除します。排除されたサイコロはゲームが終了するまで復活することはありません。また、サイコロを振るのが白熱してコロシアムから飛び出してしまった場合も同様にゲーム上から排除されてしまうので注意しましょう。

今回は3人で遊んだ場合を想定して流れをご紹介しようと思います。

photo_04

3人なので一人8つずつサイコロを配ります。コロシアムには予め1つのサイコロを振って適当な目を出して置いておきます。このサイコロはプレイヤーのものではなく、余っているサイコロを使用します。

ではサイコロを振ってみましょう。サイコロは必ず1つずつ振ります。

photo_05

ゾロ目になりませんでした。この場合、手持ちのサイコロから「続けてもう一つサイコロを振ってもいい」し、「諦めて振るのを辞めても良い」です。諦めた場合、次のプレイヤーのターンへ移動します。

そして、投げるときはコロシアムに既に出ているサイコロにぶつけて目を変えてもOKですし、コロシアムに出ているサイコロをぶつけやすいように移動させるのもOKです。ただし、サイコロを一列に揃えたり重ねることは禁止されています。

ではもう一つ続けてサイコロを振ってみます。

photo_06

ぶつかってサイコロの目が変わりました。「×」が出たのでこのサイコロはゲーム上から排除します。

photo_07

まだゾロ目が出ません。悔しいので更にもう一度サイコロを振ります。

photo_08

ようやく「5」がゾロ目になりました。この場合、ゾロ目になったサイコロを全てもらい自分の手持ちに加えます。

photo_09

手持ちに加えたらターン終了です。次のプレイヤーのターンへ移動し、次の人がサイコロを振ります。

photo_10

「3」でゾロ目が出ましたので、手持ちへ加えます。

photo_11

サイコロを手持ちへ加えたので次のプレイヤーのターンへ移動します。しかし、この時点でコロシアム上にサイコロがなくなってしまいました。

コロシアム上にサイコロがなくなってしまった場合、次のプレイヤーは手持ちのサイコロを全て振らなければなりません。

photo_12

photo_13

ゾロ目になっているサイコロを手持ちへ加えます。「3」と「4」が揃っているので手持ちへ加えます。

photo_14

photo_15

このようにターンを繰り返し、最後まで手持ちのサイコロをなくさずに持っていた人が勝ちです。

「×」が出たらそのサイコロはゲーム上から排除されるため、徐々に手持ちのサイコロが減っていくわけです。ゾロ目が出るまで何度でも手持ちのサイコロを振っていいし、辞めてもいいというチキンレース的な要素でゲームが盛り上がります。手持ちのサイコロがなくなりそうな人でも、うまくゾロ目を揃えてコロシアム上から全てのサイコロをなくせば次のプレイヤーは手持ちのサイコロを全て振らなければならないので一発逆転することが出来たりと、もう一度もう一度と遊びたくなるゲームです。

簡単なルールで運の要素が強いので、子供から大人まで楽しめます。