PS3/XBOX360「マックス・ペイン3(Max Payne 3)」レビュー

映画「マトリックス」が公開された頃、時間がスローになる「バレットタイム」システムを初めて導入したのがマックス・ペインでした。
長い年月を経て、ファン待望の3作目が発売となりましたが、当時マックス・ペインは日本ではそれほど知名度がなく、本作もあまり注目を集めていないようです。

ロックスターが開発しているということで、ついついオープンワールドなゲームを反射的に想像してしまいがちですが、本作にはそのような自由度はなく、チャプターごとにストーリーが進んでいきます。
物語重視のため、ムービーシーンが頻繁に入るため、ちょっと煩わしく感じることも。

全体的に難易度は高めです。
敵がとても硬く、積極的にヘッドショットを狙っていかなければなかなか死にませんし、自動回復もありません。
回復するにはペインキラーという鎮痛剤?が必要なのですが、とても小さく(オプションでほんのちょっと目立たせる設定があるにはありますがそういうレベルではないです)見つけづらいです。

しかし、同じ場所でゲームオーバーを繰り返すとペインキラーが手に入るので、根気よくやっていればいつかはクリア出来るかな…?
最近は自動回復ばかりのゲームが多く、一般的なのでこういったアイテムで回復するシステムはちょっと古臭く感じてしまいますね…

ストーリーは平凡ですが、思わず熱くなるような演出が満載です。
しかし、後半になるにつれ演出が弱まっていき、最終的には作業感を感じざるを得ませんでした…

グラフィックはなかなか良いです。
ステージの作り込みが素晴らしい!
スラム街ステージは、まるで自分がそこにいるかのようなリアルさを感じました。

全体的に見て、やはり自動回復がないというのが致命的欠陥だったかなと感じました(主人公が薬中という設定なので、仕方がないのかもしれませんが…)。
バレットタイムで物陰から飛び出しながら敵を一掃!というかっこいいことがしたくても、当然敵からの弾を受けてしまうことになるので、結局遠くの物陰からちょこちょこ攻撃するというなんとも残念な戦い方をせざるを得ないのです…

マルチプレイでは、なんとバレットタイムが使えるという斬新なシステム。
しかし、個人的にTPSのマルチプレイは待ちぶせする人ばかりであまり楽しめないので、残念ながら本作でも楽しむことはあまり出来ませんでした。すいません…

評価:★★★★☆ 4点