セクシーにぶった斬れ!PS3/XBOX360「 LOLLIPOP CHAINSAW(ロリポップチェーンソー) PREMIUM EDITION」レビュー

チアリーダーがチェーンソーでゾンビをぶった斬るアクションゲーム「ロリポップチェーンソー」!
外人が日本に対する勝手なイメージでゲームを作ることがありますよね。ロリポップチェーンソーはずばりその逆。
海外に対する日本人の勝手なイメージで描いた作品と言ってもいいでしょう。
だって、チアリーダーがチェーンソーで、しかもゾンビと戦うんですよ?
さすがの日本人でも「コテコテすぎるだろ!」とつっこまざるを得ません(笑)

ディレクターを担当しているのはグラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏。
「killer7」や「ノーモア★ヒーローズ」シリーズなど数々の個性的な作品を得意とする方です。
「シャドウオブザダムド」が個人的にヒットだっただけに、本作の出来が気になります。
私、気になります!

ストーリー

アメリカ西海岸に位置する地区最大級のマンモス校『サン・ロメロハイスクール』。主人公ジュリエットは、チアリーディングをこよなく愛する模範的なサン・ロメロ校の生徒。
だが、彼女の家族=スターリング一家は、古より死霊を天国に導くゾンビハンターの家系であった。
事件はジュリエットのバースデーに巻き起こる。ボーイフレンドとの待ち合わせ学校へ向かうジュリエット。
息せき切って自転車を走らせ、学校の敷地に入ると、そこにはゾンビへと変わり果てたかつてのクラスメイトたちが待ちかまえていた。(Wikipediaより)

アクション

このロリポップチェーンソー、操作が少々変わっていまして。
Xボタンでチアアタック、Yでチェーンソー、Aでチェーンソー下段、Bでジャンプ&回避となっています。
このBでジャンプ&回避というのが結構ネックで、慣れるまで大変。
回避はベヨネッタみにたいに右トリガーとかだったらやりやすかったのかなーと。
オプションにキーコンフィグがないので、この辺ちょっと不親切です。

コンボはこれらの組み合わせで繋がるんですが、アンロック式になっており最初はほとんどありません。
なので、「なーんか、単調だなー」といった印象を持つと思いますが、コンボをアンロックすればより多彩な攻撃が可能になりアクション面の幅が広がっていくわけです。
基本のコンボは三国無双のようになっていて、「XY」「XXY」「XXXY」みたいな感じ。
他にもいくつか特殊なコンボが用意されています。

アクションゲームなので、もちろんゲージを貯めての無敵モードも用意されています。
全身がキラキラ光って、より激しいキュンキュンな攻撃を繰り出せます。
体力の高いやっかいな中ボスもこの無敵状態なら一発KO。

一部アクションではこのようなQTEが発生。
突き刺しや股裂きなど、とにかく連打!連打!連打!でぶった斬りです。

また、ゾンビを一度に3体以上倒すとボーナスがもらえますよ。
ゴールドを稼ぐには積極的に狙っていきたい!

ニックルーレットで戦いを有利に!

戦闘をサポートするシステムとして「ニックルーレット」があります。
このルーレット、ノーモア★ヒーローズシリーズにも似たようなものがありましたよね。
僕は結構このツーレットシステムが好きです。なかワクワクしませんか?(笑)

ルーレットチケット(ステージ中に落ちていたり、ショップで買ったり)を一枚消費してルーレットを回すことが出来ます。
このルーレット、絶妙な速さになっており目押しが可能
状況に合わせて選んで戦闘を有利に進めましょう。

このニックシェイクはゴールドとロリポップが飛び出すだけ。
戦闘以外での使用ではかなりお得なんですが、戦闘中にこれを当ててしまうと最悪です(笑)

ショッピングサイトでお買い物!

ステージ途中にショッピングサイトへアクセス出来る端末があり、ここからアイテムやコンボのアンロック、コスチュームやその他おまけ要素を購入することが出来ます。

エッチぃコスチュームがたくさん用意されているのが嬉しいです。
最近はコスチュームとなるととたんに課金になったりするので、ゲーム内でたくさんのコスチュームが用意されているのは嬉しい限りです。はい。
ちなみに、このレビュー記事でジュリエットが着ているのは「キューティーウェイトレス」です。
かんわいー‎( ◜◡◝ )キュンキュン

ステージイベント

クラスメイトを救出しよう!

ステージ中、クラスメイトがゾンビに襲われ助けを求めていることがあります。
クラスメイトの体力がなくなる前にゾンビから助けてあげると、お礼としてゴールドがもらえますよ。
しかし、助けられないと…

ニックの首をゾンビに装着!

ステージ中に登場する首無しゾンビにニックを装着して、チアリーディングで応援!
進めないと思っていた道がこれで開けるかも…!?

ポールダンスで華麗に舞え!

ステージ途中に登場するポールを使って、セクシーにゾンビを一掃!
あぁ、ジュリエット…たまらないよ……

その他にも個性豊かなステージが多数登場!
ゾンビバスケットボールに、ゾンビベースボール…
飽きさせない演出の連続で、クリアまで一気でした。

あれ、これどこかで見たことあるような…

まとめ

総合評価:★★★★☆ 4点

チアリーダーがチェーンソーでゾンビをぶった斬る…
これだけでグッと来たら迷わず買っちゃいましょう。
ジュリエットの可愛さにうっとりしながらゾンビをぶった斬っているだけで楽しい。
コスチュームもたくさん用意されています。

さらに、日笠陽子さんと、喜多村英梨さんが日本語吹き替えを担当していらっしゃるので、とにかく可愛い。
相棒であるニックとの会話には思わずニヤリとさせられます。

声優に興味ないよという荒んだ心をお持ちの方には、アクション面のぎこちなさや、カメラワークの悪さなどが気になって少々厳しめの評価になるかと思います。
また、ステージ数が少なく、収集系以外のやり込み要素もさほどないので一度クリアーしてしまうと他にすることがなくなってしまいます。これはアクションゲームの運命なのですが…

PREMIUM EDITIONでは、規制バージョン(キラキラバージョン)が収録されているので、ザクザクバージョンに飽きたら選択してみるといいかも。血しぶきの代わりにキラキラしたいろんなモノが飛び出すので、逆に新鮮でした。
このモードで遊んでいると、別にザクザクバージョンいらなかったんじゃないかってほど楽しかった。

ステージ全体に渡って色々な仕掛けや、演出が用意されていて飽きさせない作りになっているのには関心しましたが、全体を通して丸くなってしまった。万人受けする平凡な作品になってしまっているように感じました。
いや、面白いのは面白いんですが、なんかこう…もっと須田剛一色の強い刺激が欲しかった。
「killer7」をやったときに感じたあの衝撃をまたいつか感じさせてほしいな…