PC不要のHD画質ゲーム録画機「AVerMedia AVT-C281」を買ってみた!

ゲームの動画やスクリーンショットを撮るには「キャプチャーボード」が必要で、更にはPCのスペックもある程度必要とするため、正直敷居が高い。
今まで僕が使っていた「Monster X2」は自分のPCとは相性が悪いらしく、映ったり映らなかったり。
映ったとしてもノイズが走ったり、遅延したりと、ストレスが半端なかった。
アスラズラースのスクリーンショットを撮ろうと思ったときなんか、ノイズが走りまくっていてアスラよりもキレていた。
そんな矢先、PC不要のゲーム録画機「AVerMedia AVT-C281」の存在を知る…

色々と調べてみたが、購入者レビューもないし、ブログを検索しても誰も感想書いてない。
どうやら僕が迷っている人々のために、人柱にならなければいけないようだ。
「一番最初に記事書いたらアクセス稼げるかも」なんてまったく、これっぽっちも考えていない。

特徴

PC不要でゲームのプレイ動画やスクリーンショットを高画質(最大1920×1080i)で撮れる。
保存先は本体にHDD(Serial ATA 接続の2.5インチHDD)を直接本体内に装着するか、USBメモリーを差し込んで保存する。
H.264ハードウェアエンコーダを搭載しているので容量も勝手に抑えてくれる。
操作は付属のリモコンで簡単操作。

動作環境

「AVerMedia AVT-C281」を使うための動作環境は以下。
箱に書いてある内容をそのまま書きます。

・コンポーネント入力対応のテレビやディスプレイ
・720pまたは1080iの解像度に対応したテレビやディスプレイ(推奨)
・コンポーネント出力対応のゲーム機器やビデオデバイス

とのこと。
モニター側に「D5端子」がついていれば、おそらく使えるかと。
というか僕は自分の持っているモニターにD端子がついていることを確認した時点でもうポチっていた。
結論から言うと、それで問題なく動いた。

本体を見てみよう

こちらが本体。
スーパーファミコン時代の怪しい機器を思い出させてくれる、なんとも胡散臭い素敵なデザインに仕上がっている。
AVerMediaはどうやら台湾の会社のようだ。

後ろはこんな感じ。
上の行がテレビ側と接続する部分。
下の行がゲーム機側と接続する部分。

裏側はこんな感じ。
長時間の録画をしたいなら、USBメモリだけじゃきついのでHDDをここに装着することが出来る

繋いでみよう

それではいよいよ接続開始。
本体に付属しているコード類がこちら。

アダプターとリモコン以外のものが接続に使うコード類。
コードにそれぞれ番号をふり、ねるねるねるね方式で順を追って説明する。

①テレビを本体をつなぐ(映像)

まずは①番の粉…
じゃなかった、①番のコードをこのように本体後ろの「TV OUT」というところに差し込む。
コードと同じ色の穴に差し込めばいいだけだから、高卒の僕でも理解出来る親切設計だ。

次に、①番のコードのもう一方をモニターのD端子につなぐ。
これで①番のコードはおしまい。

②テレビと本体をつなぐ(音声)

②番のコードを先ほどつないだ所のすぐ横につなぐ。
こちらのコードは見慣れたいつものやつなので、迷うことはないだろう。

②番のコードのもう一方をモニター側にもつなぐ。

③ゲーム機と本体をつなぐ(映像+音声)

③番のコードのワラワラなっている方を一気に下の段につなぐ。
このとき、似たような色があるので間違えないように。

もう一方は使いたいゲーム機につなぐ。
左から、XBOX360、PS3、Wii(持ってないから分からないけど、たぶんそう)。

操作はほとんどリモコンで行うので、壊さないように注意したい。
左が録画、右がスクリーンショット。これだけ。

スクリーンショットを撮ってみる

さっそくスクリーンショットを「1920×1080i」で撮ってみる。
全体的に白っぽく、なんだかモヤモヤしている感じ…
これだったらまともに動いてくれないけど「Monster X2」で撮った方が綺麗かもしれない。

設定を色々いじってみたけど特に変化なし。
まぁ、映るときと映らないときがあってストレス感じるぐらいなら、多少画質が悪くてもこれで我慢するか…
高画質目指したところでこのブログ誰も見てないし…

録画してみる

録画はかなりよかった!
遅延もほとんどないし、ノイズも走らないし、これには大満足。
しかし、映像はこんなに綺麗なのに、どうしてスクリーンショットはあんなモヤモヤするんだ…?

画質を720pにしてご覧下さい。

感想

何かと不具合の多いキャプチャーボードにイライラ来たら、値段も安めだし買ってみるといいかもしれない。
プレイ動画を撮るには申し分ないが、実況などで自分の音声を入れたい人は別に録音しておいて、後で映像を合わせるなどの編集が必要。
スクリーンショットは正直がっかりで、全体的に白っぽく、モヤモヤしている感じ。
画像編集ソフトで発色を上げるなどの編集をすれば、そこそこよくはなるかもしれないが、映像は綺麗なのにどうしてスクリーンショットがこんななのかは謎である。設定も特になさそうだ。
総合的に見て、妥協点もあるがこの値段なら買いじゃないだろうか。

追記(2012.05.07)

この記事を書いたところ、アバーメディアのスタッフの方からコメントを頂きました。

アバーメディアのスタッフです。
Googleにより、AVT-C281を検査していると、お客様のレビューを拝見しました。

この度AVT-C281をご購入していただき、誠に有難うございます。
お客様に会った問題は弊社を確認しております。
高画質により、スクリーンショットを取った際に、画面がもやもやしているという原因はAVT-C281のハードウエアを設計する制限であるということです。
そして、もし綺麗にスクリーンショットをとろうと思っていたら、720Pを設定するということを推薦しております。
ご承知ください。

以上となります。今後とも、よろしくお願いいたします。
もし、何か問題がありましたら、AVT.Japan@avermedia.comへ連絡してください。

ふむふむ、どうやらスクリーンショットがもやもやっとしてしまうのは仕様のようです。
綺麗にスクリーンショットを撮るには720pを推奨しているとのころなので、さっそく試してみた。

こちらが、「720p」で撮影したもの。

こちらが「1080i」で撮影したもの。

うーん、720pで撮影しても1080iで撮影してもあまり違いが分からない。
スタッフの方、丁寧にコメントくれたのに、ごめんなさい…

仕方ないので、1080iで撮影したものを自分で縮小して、PhotoShopで色合いを直したり、アンシャープマスクをかけたりして綺麗にしてみた。

うんうん、これならいいかも!
ちょっと手間だけど、だいぶましになった!

  • staff

    アバーメディアのスタッフです。
    Googleにより、AVT-C281を検査していると、お客様のレビューを拝見しました。

    この度AVT-C281をご購入していただき、誠に有難うございます。
    お客様に会った問題は弊社を確認しております。
    高画質により、スクリーンショットを取った際に、画面がもやもやしているという原因はAVT-C281のハードウエアを設計する制限であるということです。
    そして、もし綺麗にスクリーンショットをとろうと思っていたら、720Pを設定するということを推薦しております。
    ご承知ください。

    以上となります。今後とも、よろしくお願いいたします。
    もし、何か問題がありましたら、AVT.Japan@avermedia.comへ連絡してください。

  • ご丁寧にありがとうございます。
    スクリーンショットがもやもやしてしまうのはいわば仕様のようなものなのですね…
    環境にもよるのかもしれませんが、720pよりも1080iでスクリーンショットを撮った方が僕個人としては綺麗に感じました。とはいえ、こちらの商品には大変満足しております。
    後継機も楽しみにしております!

  • ゆずどれん

    はじめまして、これの後継機であるAVT-C281Jを購入したゆずどれんと申します。

    自分のゲーム動画を動画共有サイトにアップロードしたくて購入したのですが、先日録画をしようとしたら画質が悪すぎて録画どころかプレイすらもしにくい状況でした。

    ビデオキャプチャーを購入したのはこれが初めてで何もわからない初心者なのですが、画質をよくするためにはどうすればいいのでしょうか?

  • 私が所持しているのは古い型なので詳しいことは分からないのですが、AVT側の解像度の設定は変えていますでしょうか。また、ゲーム機側の解像度もそれを合わせて変更する必要があるので、双方の解像度の設定が合っていない?のではないかなと感じました。