ゲーマー必須のメガネ!?「Zoff PC」を買ってみた!

仕事柄、一日8時間以上PCのモニターを眺め、家に帰って今度はゲーム。
更に、移動の電車内では携帯ゲーム機やらスマートフォンやら、なんか一日中モニター見てるな…
会社のPCがMacのグレア液晶になったのをきっかけに、目が疲れて疲れてしょうがなくなった。

Mac何でこんなにテカテカしてんだよ…、目潰す気かよ…
そんな目の疲れから今度は肩こりに繋がり、最近ではめまいやら、ひどいときには吐き気まで…
そんなわけで「もうちょっと目を大切にしよう…」と、メガネショップ「Zoff」が最近発売を開始した「Zoff PC」をさっそく買いに行った。

買いたいって言ってる人はたくさんいるのに、何で誰も感想書いてないんだ…?
もういい、俺が人柱になってやろう…!」という意気込みで(笑)

Zoff PCの特徴は?

公式サイトによると、Zoff PCは「まぶしさやチラつきの原因となる青色光を30%程度(450nmの光)低減」するブラウンカラーのレンズのことで、Zoffで販売している全てのフレームに対応していて、度なしレンズなら追加料金無し(フレーム代のみ)、度つきだとプラス5250円なんだそうです。

僕は今回、以前にZoffで購入してもう使っていないフレームを持ち込んだので、フレーム代無しの度つきレンズで5250円でした。フレームを持ち込んで度なしだった場合は、3150円とのこと。度なしずいぶん安いね…

JINSにも同じようなメガネがあるみたいだけど…

実はJINSでも同じようなPC用メガネを販売しているみたいなんです。
どっちで買おうかなぁ…と思ったんだけど、残念ながらJINSは度つきレンズを取り扱っていない(現時点では)みたい。

そんなわけで、僕はZoff一択でした。
度なしレンズだったらJINSでもZoffでも好きな方で買えますね。

買う前に確認しておいた方がいいこと

Zoff PCのレンズは「ブラウンカラー」。
かけると視野が軽いブラウン色に見えます。
なので、デザイナーの方などは色が違って見えてしまうのでおすすめは出来ません。

また、僕みたいなのがかけていると「こいつ洒落やがって、カラーレンズとか生意気なんだよ!」と思われるかもしれませんので、周りに聞こえるような声で「うっわー!PC用メガネ、これなかなかいいわ!目に悪い光をカットしてくれるからカラーレンズなんだよなあ…!」と、アピールしておいた方がいいでしょう。

今回、僕は度つきのZoff PCを買ったわけですが、購入時に「度なしなら30分程度で出来ますが、度つきの場合10日かかる」と言われ、本当に10日間待たされました…
度つきを購入する方は、結構待たされることがあることを覚悟しておきましょう。

使ってみた感想

さっそく今日、一日中かけていましたが、確かに疲れにくいかもしれない…!
光が目に突き刺さる感じが軽減されているような気がします(プラシーボ効果なのか?)

かけた瞬間は「うわっ、茶色!」っていう感じでしたが、慣れてくると気にならなくなってきます。
かけていたことを忘れていて、外したときに「世界ってこんなに明るかったのか…!」と驚きました(笑)
外した瞬間に感じるのはやはり「青色光」というわけ。確かにいいかもしれないぞこれは…

目の疲れは日々の蓄積だと思うので、ずっと使っていたらだいぶ変わってくるんだろうなという印象です。
仕事柄PCに張り付きっぱなしの方、ゲーマーの方など、もしかしたら必需品かもしれませんよ。

公式サイト