オルクどもを一掃せよ!PS3/XBOX360「ウォーハンマー40000: スペースマリーン」レビュー

ミニチュアゲームとして人気のある「ウォーハンマー」をゲーム化した本作。
正直なところ、もちろん僕は元のミニチュアゲームを知らなかったので、ゲームで初めて知ることになりました。

日本での発売が決まる前に、動画をちょこっと見てからずっと気になっていました。
どことなくギアーズを思わせるガチガチの鎧を着て、オルク(敵)を肉片に変えている姿にグッと来まして…
体験版をプレイしてみると、かなり爽快感もあって面白かったので買ってみることにしました。

「アクション+TPS」がいい感じ

本作では大量の敵が攻めてくるため、銃だけじゃ太刀打ちできません。
なので銃の他にチェーンソーやオノ、ハンマーなんかの打撃武器が登場します。
近くの敵は打撃武器を振り回して無双。
遠くの敵は銃でヘッショ!と、戦況に合わせて使い分けられるのが本作の特徴です。

銃にはいくつか種類が用意されており、最大4つまで持ち出すことが出来ます。
ちなみにこちらはショットガン系の銃。
バーナーのような炎が飛び出し、敵を一掃出来ます。
オルクどもを焼き殺せ!

アクション面はとても爽快感があり楽しめますが、ストーリーは王道で、いまいち盛り上がりません。
また、基本的には少し進んで戦闘、少し進んで戦闘の繰り返しなので、徐々に作業を感じてしまうことは否めませんね…
主人公や武器のアップグレード要素などもなく、ストーリーを進めていくことで自然に主人公は強化され、使える武器が増えていくといった感じで、収集物を別にすればやり込み要素などはほとんどないかと…

一風変わった、回復方法

本作は主人公の体力回復方法が一風変わっています。
FPSやTPSでは、物陰でジッとしてハァハァしていれば回復することが多いですが、本作では「とどめの一撃」をお見舞いすることで回復します。

Yボタンで敵をスタンさせ、敵がフラフラになっているのを見計らってBボタンでとどめの一撃!

かっこいいアニメーションと共に、敵が粉々に!
ギアーズのチェーンソーアクションみたいな感じで、気持ちいい!

こちらはハンマーで、ドカンと一撃!

この「とどめの一撃」による回復方法のため、敵の攻撃力は高め
気をつけていないと、周りを敵に囲まれてあっという間にゲームオーバーなんでことがよくあります。
囲まれてからとどめの一撃を出そうとしても、アニメーション中にもダメージを受けるため、かっこいいポーズをキメたままフルボッコにされて死んだりします…(笑)
ステージ後半では、銃による戦闘が増えてくるため、なかなか回復する機会もなくて手こずりました。

ジェットパックで攻撃はより激しく!

ジェットパックを使用したステージでは、主人公は空へと舞い上がり、空から地上へと協力な打撃攻撃を放つことが出来るようになります。

これがかなり気持ちいいのですが、使うステージはごくわずかなのが残念。
もっと大量の敵をこれで蹴散らしたかった!

「フューリー」をうまく使え!

敵を倒していると無双ゲージ、じゃなかった「フューリーゲージ」がたまっていきます。
こちらが満タンになると、フューリーモードが発動出来る。

フューリーモード中は全身が黄金に輝き、体力が徐々に回復、そして攻撃力も上がり、まるで無双乱舞。
敵に囲まれてしまった場合などに発動させれば一発逆転のチャンス!

ステージ後半ではとどめの一撃による回復がなかなか難しくなるため、このフューリーモードで体力をいかに回復するかがクリアの決め手になったように感じました。
いくら体力が回復するとは言え、ダメージはくらうので、調子に乗っているとフューリーモード中での死んだりするのでなかなか使いどころが難しい。

感想

評価:★★★★☆ 4点

打撃武器を使ったアクション要素と、銃を使ったTPSの要素が合わさった作品。
大量に攻めてくる敵を、チェーンソーやオノ、ハンマーなどを使って倒しつつ、遠くの敵を銃で攻撃したり、操作も簡単なので取っつきやすい。
ジェットパックを使った攻撃はかなり気持ちいい。

ストーリーは特に盛り上がりもなく、同じようなステージが続きます。
基本的に少し進んで戦闘、少し進んで戦闘の繰り返しなので、作業になりがちですが、無双シリーズのような大量の敵を相手にするのが好きな人には楽しめること間違いなしです。
爽快感も結構あります。

このゲーム、キャラクターの回復方法が少々変わっていて、Yボタンで敵をスタンさせてBボタンでとどめを刺すことで回復します。
最初はこのシステム結構いいなと思ったのですが、ステージ後半になると敵の攻撃も激しくなり、銃弾もガンガン飛んで来るわりに、近くでスタン出来る敵が減ってくるので、気をつけないとあっさり死んだりします。

マルチは2つのモード(デスマッチ、拠点取り)があり、その他にもフレンドと協力するサバイバルモードのようなもの(無料DLC)も用意されています。
マルチは、ジェットパック無双なのでちょっと萎えますが、そこそこ楽しめます。