史上最強のレースゲーム!XBOX360「Forza Motorsport 4(フォルツァ モータースポーツ4)」レビュー

さてさて、ちょっと前にデモが配信され、あまりの完成度にただただ息を飲むしかなかった「Forza Motorsport 4(フォルツァ モータースポーツ4)」。
発売になってからレビューを書くまでだいぶ期間が空いてしまいました。

と言うのも、実は「2010 BMW Z4 GT3」が欲しくて、シコシコお金を稼いでいたのです(もちろんゲームの中での話しですよ!本物なんて僕の底辺給料じゃ、一生働いても買えませんからね…)。
そしてついにゲットしましたよ!

どうですか、この圧倒的なグラフィック!
文句のつけようがないですね…

初心者にも、上級者にも楽しめる親切設計!

こういう車のゲームって、専門知識がないとついていけないと感じませんか?
僕は実際そうで、車の知識なんかまったくないし、「クラッチって何?どういう概念?」って、レベルなんですが(免許はAT限定)、そんな僕でも安心して遊べる親切設計なのです。

例えば車のチューニングですが、上級者は細かくチューニングをいじることが出来ますが、初心者にはさっぱりですよね。
でも、フォルツァなら「クイックアップグレード」でおまかせチューニング。

他にも、カーブで自動でいい感じにブレーキをかけてくれる「オートブレーキ」や、レース中に失敗してしまっても時間を巻き戻して好きな場所からさっきの失敗をなかったことにして再開出来る「リワインド」など、至れり尽くせりでまったくストレスを感じないです。

やっぱり、レースゲームで一番腹立つのって、レース中に失敗して最初からレースをやり直さなきゃいけなくなるときですもんね(笑)

ストアフロント

さてさて、ここまで登場して僕のお気に入りの車ですが、もちろん最初からこのようなペイントがされているわけではありません。
フォルツァシリーズの魅力の一つが「ペイント」です!
ユーザー同士で作ったペイントをストアで共有出来てしまうのです。

このペイントは凄腕の職人さんによるもの。
こんなにすごいペイントを提供してくれる職人さんにはただただ頭を下げるばかりです…

ストアフロントでは、ユーザー自身が自分の作った「チューニング」「デザイン」「バイナリグループ」「フォト」「リプレイ」などを他のユーザーに提供することが出来る素晴らしいシステム!
例えば、職人さんの作ったデザインを見てみましょう。

デザインの条件を指定して検索をかけます。
今回は「アニメ」で検索(痛車って見てるだけで癒されるよね!)。
このように一覧が出てくるので、購入したいデザインを360度見回してじっくり選ぶことが出来ますよ!

他にも、「バイナリグループ」からデザインの一部を購入して、自分で車に貼り付けて車をアレンジすることも出来ちゃいます。

もちろんストアにはアニメ以外のデザインもたくさんあって…

デロリアンのバック・トゥ・ザ・フューチャーモデルだそうです。
ちょっと凍ってたり、芸が細かい(笑)
このように、レース以外の楽しみもありますよ!

いざ、レース!

風景に見入って、事故っちゃうレベル…(笑)

強化されたコミュニティ機能

本作ではコミュニティ機能が強化され、クラブを設立することが出来るようになりました!
クラブを設立すれば、メンバー同士でタイムを比較したり、車を共有したり出来ますよ!

まとめ

評価:★★★★★ 5点 満点

XBOX360を代表するレースゲーム「Forza Motorsport」の最新作。
前作からたった2年で、収録車数533台(メーカー81社)をモデリングし直し、息を飲むほど美しいグラフィックを実現させています。

この手のゲームは車の専門知識がないと難しいのではないかと思われがちですが、前作同様に初心者から上級者まで楽しめる内容になっています。

上級者はどこまでも細かく車をいじって楽しむことが出来ますし、僕のような車の知識がほとんどない人間でも安心な「クイックアップグレード」や、更には「オートブレーキ」だとか、レース中に失敗したな…と思ったら時間を巻き戻して再開出来る「リワインド」機能など、至れり尽くせりです。

また、本作ではコミュニティ機能が強化されました。
クラブを設立して友達同士で集まれば、レースタイムを比較したり、メンバー間で車を共有したり(メンバーに車に詳しい人がいたら、チューニング済みの車をアップしてくれたりするので助かります笑)することが出来ます。他にも、「ライバル」を設定すればフレンドや知らない人のゴーストを表示させてレースタイムを競うことなんかも出来ます。

フォルツァと言えば車への「ペイント」ですが、本作でも素晴らしい職人さんたちによる車が続々アップされているので、作品を見ているだけでも楽しめますし、作品を購入することだってもちろん可能なので、いつまでたっても飽きずに楽しめます。

XBOX360を持っているのなら、買うしかないでしょう。
ハンドルコントローラーがあればもっと楽しめるので、ハンドルコントローラーもおすすめしますよ。