「東京ゲームショウ2011」に行って来ました!

今年は仕事の関係で行くことが出来ないと、ほとんど諦めかけていたのですが、神が味方をしてくれて「東京ゲームショウ2011」に行くことが出来ました!
今年の目玉はやっぱりPSVitaでしたね。もの凄い人気でした。
今回ゲームショウで実機に触れることが出来なかった方も、今後どんどん店舗で体験出来るようにしてくれるとのことなので、気長に待ちましょう!

ソニー

ソニーブースでは、PS3やPSPのソフトも展示されていましたが、大部分をPSVitaで占めていました。
PSVitaの体験出来るソフトの中から、比較的行列の少なかったソフトをチョイスして、「パワースマッシュ4」「真・三國無双 NEXT」を体験しました。

まず、ゲームのデモをプレイする前に、簡単な基本操作を教わります。
数字をタッチしたり、数字の書かれた画像をスライドして外すゲームをするわけですが、この辺はスマートフォンを持っている人なら特に驚くこともないと思います。
タッチ感はiPhoneというよりも、Androidに近いかな?という感じ。
特にゲームをする上で不自由はない感じです。

手に持った感じですが、画面が大きく、全体的に一回り大きい感じがしました。
厚みもPSPよりはやっぱりちょっとありますね。
でもやっぱり液晶はすごく綺麗。発色がいい感じです。
スティックもなかなかいい感じで、FPSなどもやりやすそうでした。

パワースマッシュ4

パワースマッシュ4のグラフィックを見て、正直驚きました。
PSVitaってこんなにグラフィックすごいのかよ……

シャラポアの乳首のポッチまで鮮明に…、というのは嘘ですが、顔の表情といい、服の皺といい、PS3にも負けないグラフィックです。
そしてソフトがUMDでなくなったということもあり、ロードも早い!

真・三國無双 NEXT

PSVitaは処理能力もやっぱりすごいんだろうなぁ…、と感じた。
敵もワラワラと出てきて、ジャイロセンサーを使った技や、全面背面タッチパネルを使った特殊な操作などを体験。

PSVita、こりゃとんでもないぜ…

カプコン

カプコンブースでは3DSで発売が決まった「モンスターハンター3G」に加え、「ドラゴンズドグマ」が大人気でした。
ずっと気になっていた、「ドラゴンズドグマ」を体験させて頂きました!

ドラゴンズドグマ

フィールド戦と、ダンジョン戦のミッションをプレイすることが出来ました。

フィールド戦では広大な草原に現れる巨大なグリフォンを仲間と共に戦います。
仲間の魔法使いに弓に炎をつけてもらい、弓矢でグリフォンを落とします。
落としたところをよじ登り、飛びだったグリフォンを空中で攻撃、凄い迫力の戦闘でした。

ダンジョン戦では、キメラを仲間と共に撃破します。
十字キーで仲間に指示を出し、サポートしてもらいながら戦います。

ドラゴンズドグマはデモンズソウルに影響されていることは間違いないと思いますが、アクション性がとても優れており、デビルメイクライのような操作感で、爽快感もかなりあります。
また、べらぼうな難易度でもないため、僕のようなデモンズソウルを途中で投げた方でも安心です(笑)

ただ、ちょっと気になったのが処理落ち。
色々な場面で処理落ちが見られたので、ちょっと不安です。
あとは、オンライン協力プレイはなく、オンライン要素は仲間(ポーン)のレンタルと貸し出しのみらしいので、実質シングルしかないのも残念。
友達とワイワイやりたいゲームなのに残念ですねぇ…

セガ

セガブースでは、「バイナリードメイン」が面白い展示になっていましたよ。
個室でキャンペーンガールと二人っきりになれるなんて…!
実はこれにはいやらしい意味はなくて、「声」で指示を出せるゲームなのだそうです。

僕は極度のコミュ障なので、女の人と個室で二人きりになったら変な汗が出ちゃいそうなのでスルーして、3DSで発売するねんどろいど初音ミク「Project mirai」をプレイして来ました。

Project mirai

プレイした感じ、ちょっと微妙でした…
PSPで発売している初音ミクの音ゲーと違い、円形状に表示されるボタンをリズムに合わせて押していくだけなのでなんだかちょっと地味です。

体験版で出来る難易度が恐らく低いんだと思うのですが、表示されるボタンもAとBのみでした。
ねんどろいどミクは可愛いんですけど、もっと変化が欲しい感じですね…
製品化までにはPSP版に負けない出来にして欲しいところです!

マイクロソフト

お待ちかね、マイクロソフトブースでは円形に様々なタイトルを設置。
中心部分はkinect体験コーナーになっており、様々なkinect最新タイトルが用意されていました!

そして、マイクロソフトブースの一番の目玉はやっぱり「Z指定コーナー」でしょう。
Z指定の過激なゲームが隔離され、中に入らないと体験以前に映像も見れないよう配慮されています。ふひひ。

Z指定コーナーで体験出来るソフトは「Gears of War 3」「RAGE」「The Elder Scroll V: Skyrim」「Dead Island」「ロリポップチェーンソー」「お姉チャンバラZ~カグラ~」の6本。
試遊台の数が少ないので、並んでいる間にいつの間にか一日が終わってしまいました…

僕がプレイしたのは「RAGE」「The Elder Scroll V: Skyrim」「Dead Island」の三本。
ロリポップチェーンソーと、お姉チャンバラもやりたかったのに!
来年はもっと試遊台増やして下さい…

RAGE

刑務所ステージをプレイ。結構グラフィックが良いのに、サクサク動きます。
個性的な武器に加えて、弾の種類を瞬時に切り替えることが出来たり、蜘蛛のようなタレットを出したりと、なかなか面白い、気持ちいい!

中でも気に入ったのが、敵の細胞をハック?する弾。
この弾に撃たれた敵は自分を見失い、こちらでコントロールすることが可能に。
敵を仲間の方へ移動させ、仲間を巻き添えにして自爆をしたりなど、色々飛び散るし、結構ひどい(笑)

確か、ディスク3枚組で22GBぐらいあるらしい。
かなりボリュームもあるみたいだし、これは長いこと楽しめそうだ!

The Elder Scroll V: Skyrim

まだ開発途中の段階らしく、一部音声が日本語化されていたり、英語のままだったり、メニューの文字も日本語だったり英語だったりしてました。日本語吹き替えとなると、ボリュームもすごいし、手間がすごそう。

肝心のゲーム内容ですが、グラフィックがFallout3ちょっと上のレベルまで上昇、操作感はいつもの感じです(笑)
マップやアイテムが3D表示されているのも嬉しい。
武器も能力が今より高いものだと、印がつくのも非常に便利。
ミッションなどで話しかけるべき相手の頭上にもマークがついてました。助かるなあ…
とにかく親切になっているという印象でした。

せっかくなので遠くまで行ってみると、ものすごい広さの草原に行き着きました。
どこまで行っても草原草原。そしてあっという間にタイムアップ…
早く家でじっくり、時間を気にせずやりたいなぁ!

Dead Island

操作感にちょっと癖があって、慣れるまでちょっと大変。もっさり系。
ゾンビとの戦闘は力強い一発が直撃するとかなり気持ちいい。
なんだか悪いことをしている気がしちゃうほど、生々しいです(笑)

基本的にミッション形式になっており、地図上に表示される地点へ行って目的をこなすといった感じ。
海外レビューにもありますが、サブミッション数がかなりあるそうで、結構作業になりがちなのだとか。

キャラクターにレベルがあり、RPG要素のあるゾンビゲームはこれが初とのこと。
ゾンビ好きは間違いなく買いですが、それ意外の方も興味本位で手を出してみるのもいいかもよ!

KONAMI

KONAMIは様々なタイトルが体験出来るようになっていましたが、時間の関係上「NEWラブプラス」しか体験することが出来ませんでした…
ネバーデッドとかやってみたかったな…

NEWラブプラス

なんと並んだのに体験出来たのはジャイロセンサーを使った機能のみ…!
本体を傾けてカノジョを色々な方向から見れるというアレです。
3D機能がオフになっていたので、もしかしたら3Dには対応してないんでしょうか…?
肝心のゲーム部分が出来なかったので、なんとも…

その他のブース

スクウェアエニックス

コーエーテクモ

バンダイナムコ