突然の1万円値下げ!購入を迷っている方へ「ニンテンドー3DS」レビュー

定価25000円のニンテンドー3DSが、1万円値下げして15000円とお買い得価格になりました。
半年に一度の割合でかかる「ピクロスが急にやりたくなる病」にかかってしまい、ダウンロード配信されている3DS用ソフト「ピクロスe」があることを知り、即買いしてやりました。

正直、今はこれといったソフトもないし、購入を見送っている人もかなりいると思います。そんなわけで今回は、ニンテンドー3DSのレビューをおおくりします。

1万円値下げは正直、「買い」か?

値下げ2日目に新宿のビックカメラに行って買ったのですが、在庫は余裕でありました(地域によっては売り切れている場所もあるみたい)。
売り切れになっていることも考えていたのですが、そんなに馬鹿売れはしていない様子。
現在、これといった3DSのソフトが出ていないので、ビッグタイトルが出るまで待つ人がやっぱり多そうだなぁ…

正直、携帯ゲーム機で定価25000円は高かった。
3D機能やAR機能などを除けば、スペック的にもPSP並みだし、何より3DSよりも断然スペックの高いPSVitaの発表(3DSと同じ定価25000円)にトドメを刺されたという感じですね…

しかし、今回1万円の値下げで15000円というお手頃価格に。
今後登場するラインナップのことを考えると、ポケモンなどのビッグタイトルが発売されて品薄になる前に買っておくのも手かもしれませんよ。

そんなわけで、僕は年内に発売予定のラブプラスもやりたいし、買っちゃいました。

3DSと一緒に買ったもの

3DSソフト

せっかくなので3DSのソフトも買っておこうということで、一番長く遊べそうな「ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D」を買いました。

ケース

ケースは「DS Lite」のときに使用していたものと同じメーカーのもの(ブラック)を購入。
硬めのケースなので、衝撃から本体を守ってくれて安心です。
DS Liteの時はとてもお世話になりました。

液晶保護シート

液晶保護シートは、Amazonでも一番人気のホリの商品にしました。
任天堂の公式ライセンスの商品らしいです。

実はこれを買う前に買った保護シートで大失敗して、これを買い直しています…
この保護シートは、本体にシールで固定出来る上、フィルムを引っ張って簡単に貼れます。
お風呂場を蒸気でいっぱいにしてホコリを除去後、気泡が一切入らず綺麗に貼れたのでかなりオススメです。

3DSの上画面は、画面とその外側部分に境目がなく、全体が光沢素材になっているのでキズを気にする方は全体を覆うタイプにした方がいいです。
また、同じ商品でボディ部分の保護シート付きも売っていますよ。

DSからの進化、いろいろ

メニュー

それぞれのソフトがアプリっぽくなり、メニューではアイコンを好きな場所に配置出来ます。
アイコンの大きさも5段階ぐらいで調整可能なので、ソフトが増えても1ページに収められます。
ダウンロードしたゲームなどもこちらにアイコンで表示されます。

その他、メモ帳、フレンドリスト、お知らせ通知、ブラウザーなどが固定で表示されています。

すれちがい通信

すれちがい通信とは、本体をスリープ状態にして(Wi-Fiスイッチはオンにする必要あり、3DSソフトならプレイ中もすれちがい通信可能)持ち歩き、本体を持った人同士がすれ違うと自動で起こる通信のこと。
今までは対応ソフトを起動している必要がありましたが、3DSではソフトを起動している必要はなく、最大12種類のソフトを同時にすれちがい通信が出来るようになりました。

今日はたまたま秋葉原へ行く予定があったので、デフォルトで入っている「すれちがいMii広場」というソフトで、すれちがい通信を試してみました。
小一時間町中をフラフラしただけでしたが、なんと30人以上とすれ違いました。
あれ、もしかして結構、普及してる…?(笑)

このソフトでは、すれ違った人数によってパズルのピースを集めたり、RPGが楽しめるミニゲームなんかが楽しめます。

ちなみにこれが僕の、Miiです。似ていると評判です。
モテないのが分かってもらえたでしょうか。

ARとジャイロセンサー

付属のARカードをカメラで写すと、3Dモデルが画面上に登場します。
これはデフォルトでついているカードですが、もしかしたらカード付きのゲームなんかも今後出てくるかもしれませんよ。

また、3DSはジャイロセンサーも内蔵しているので本体の傾きも感知します。
このARの3Dモデルも、本体の向きを変えると、あらゆる方向からキャラクターを見ることが出来たり、ゼルダ3Dだったら本体を動かしてパチンコの照準を移動させたりすることが出来ます。

iPhoneなどのスマートフォンにも搭載されていますが、無限の可能性を感じますね。
ただ、「パンツを覗く」なんてことが、仕組み的に不可能なのがとても残念です…

ニンテンドーeショップ

無線インターネット環境があれば、ニンテンドーeショップでお買い物が出来ます。
3DS専用から、DSiウェアのダウンロードソフト、また限定ムービーの配信なんかも。

ファミコンやゲームボーイのソフトも配信されていますが、やっぱスーファミが欲しいですね。
Wiiでは配信しているそうですが、3DSは駄目なんですかねぇ…
もしスーファミの配信が始まったらかなり嬉しいんですが。

感想

15000円なら、買って損はないかなと思います。
ただ、現在ソフトが出そろっていないので、急いで買うこともないような気がします。
今後、マリオ、マリオカート、ポケモン、スマブラなど、売れること間違いなしのソフトをどんどん投入してくるでしょうから、前もって買っておくというのもありです。

個人的に、すれちがい通信が結構楽しいです。
最近のゲームはネットで人とつながることが多いですが、こうやって実際に人とすれ違って通信する、どこかアナログなこのシステムはなんだか新鮮……
同じ人と複数回すれ違うと、メッセージ交換が出来るようになるそうなので、ドキドキです。

今回の値下げでユーザーが増え、ソフトが充実して盛り上がっていくといいですねぇ…
果たして今後どうなっていくのか、それが分かるのはまだ少し先の話…