マルチプレイに期待してはいけない!PS3/XBOX360「ダンジョンシージ3」レビュー

「ダンジョンシージ3」は見下ろし型のアクションRPGです。
過去シリーズはPCゲームで発売していたそうで、本作からコンシューマー入りし、アクションに重点を置いたゲームになったそうです。

僕は「セイクリッド2」や「ドラゴンエイジ」に手を出したことがあるのですが、あのMMOっぽいクリックゲーのような攻撃方法がどうも好きになれず、「見下ろし型のアクションRPG出ないかなぁ、バルダーズゲート ダークアライアンスのようなゲーム、出ないかなぁ…」といつも願っていたので、デモをやったときにはほとんど購入は決まっていました。

ゲームの流れ

メインクエストとサブクエストがあり、メインを進めればストーリーが進み、サブクエストをクリアすれば報酬がもらえるよくある王道パターンですが、サブクエストの数は少なめ。
その代わり、ただのお使いゲーになりがちなサブクエストはよく作り込んであって苦痛にならないので僕は好きです。

会話イベントもたまに発生し、選択肢によって変化がある「らしい」です。
やってる感じ、あんまり変化が起こっているようには感じないのですが…
というか、この選択肢の選び方、アレにそっくりですね…(笑)

また、上ボタンでいつでも「ガイド」を表示させることが出来き、進むべき道が表示されるので迷うことは一切ないです。
この手のゲームはガイドが不親切でよく迷うんですが、いやぁ、ここまで親切にしてくれると助かります(笑)

戦闘

このゲーム、敵がやたらと出てきます。
最初はつらいですが、強くなってくるとアビリティで無双状態になるので結構気持ちいいです。

攻撃は2パターンあって、両手武器と片手武器を切り替えて使います(僕は剣士を選んだので、まだ他のキャラは使ってないので分かりません…)。
両手武器は広範囲に強いダメージを与えますが、動きが遅いです。
逆に、片手武器は狭い範囲に弱いダメージを与えますが、動きが速く、盾でガードも出来ます。

なので、大量の敵が出てきたら両手武器、一対一なら片手武器がを使うのがいいかも。
また、両手武器と片手武器の時に使えるアビリティがそれぞれ違うので、状況に合わせて使い分けることも必要です。

敵の種類は結構多め。
色違いなどの使い回しも目立たず、地域が変わると敵も変わるので新鮮な気持ちでプレイ出来ます。

たまに、HPが表示されるボス的な敵も登場します。
ボスは雑魚を大量発生させるので、囲まれると結構即死するので大忙しです(仲間がいれば死んでも回復してくれます)。

ステータス

旅の途中でキャラクターが仲間になることがあります。
仲間になるキャラクターは全部で3人。
状況に合わせて好きなキャラクターを「一人だけ」冒険に連れて行きましょう。
経験値は仲間キャラ全員に同じだけ入るので、レベル差が発生しないのも嬉しい。

装備品の種類は色々あって、ステータス値の上下が激しいので比較するのがちょっと大変。
面倒なときは、とりあえず価値の高い装備品を装備しとけば大丈夫(笑)
属性とかもあんまり気にしないでいいかも。今のところまったく困ったことありません。
アクションゲームなので、難易度を高くしていなければ大体腕でカバーできちゃいます(僕はノーマルでプレイ中です)。

一定のレベルが上がると「アビリティ」を取得、強化することが出来ます。
取得することで戦闘中に使えるアビリティが増えていきます。
とは言っても、全部で9種類のみ(もちろんキャラクターによって種類は違います)。
ゲーム中盤を越えた辺りで全て取得可能なので、真剣に悩む必要もありません…

また、レベルが上がるごとに、取得済みのアビリティを一つ強化することも可能です。
アビリティ強化は一種類につき最大5まで(強化パターン2種類)。

更に、レベルが上がるごとに「タレント」を取得、強化することが出来ます。
これはアビリティとは別で、キャラクターの能力値を上げるものです。
これはたぶん全部取得することは出来ないので、ちょっと考える必要があるかも。
レベルが上がるごとに取得出来る種類も増えていきます。こちらも最大5まで。

どうしてこうなった?奴隷マルチ

本作は、「最大4人でマルチプレイが可能!」と書いてありますが、公式サイトでもどこでもやたらと情報が少なかった。
どうしてなのか買ってようやく分かりました。
故意に隠していたのだとしたらひどすぎです…

確かに最大4人で協力プレイが出来るので、嘘はついていないのですが、その仕様があまりに「奴隷」なんです。
一体どういうことなのか、詳細があまりに書かれていないのでご説明すると…

・協力プレイはホストのストーリーモードに同行
・カメラが固定になり、一人でも動かないキャラがいると先へ進めなくなる
・自分が操作するキャラは、ホストの育てた仲間キャラから一人を選択(ホスト使用中のキャラは選択不可)
・なので、経験値をいくらためてレベルアップしようが、アイテムを拾おうが、全てホストのセーブデータにセーブされる

そう、つまり「奴隷」なわけです。いくら協力プレイをやろうと、自分への報酬は一切無し。
野良でやるなんていうのは相当このゲームを愛している人か、変わり者です。
友達の冒険を手伝ってあげるとかなら、やるかもしれませんが…

うーん、一体どうしてこんなことになってしまったのか…
カメラの固定も欠点ですが、最大の欠点はマルチの仕様でしょう…

感想

評価:★★★☆☆ 3点

コアなユーザーからしたら物足りないでしょうが、僕のようなライトユーザーにはこの王道であり、シンプルなシステムとシンプルなアクションはなかなか好印象です。
作業になりがちなお使いサブクエストも目立たないのもなかなか良いです。
ガイドも親切なので、迷うこともありません。
しかし、カメラの視点が若干悪く、見づらい場面も結構あります。

このゲーム、最大の欠点はマルチの仕様です。
ホストの仲間キャラから自分の操作するキャラを選択して操るので、そのキャラがレベルアップしようがアイテムを手に入れようが、全てホストのデータに保存されます。
自分への報酬は何もないので、友達を手伝うか、実績狙いぐらいしかやる必要あがりません。

マルチで自分のキャラが使えたり、あるいはマルチ専用で別キャラが使えたりするのであれば、クリア後もしばらく楽しめたと思うのですが、うーん、残念で仕方ありません…