狂気のワンダーランド!PS3/XBOX360「アリスマッドネスリターンズ」レビュー

前作「アリスインナイトメア」から約10年ぶりの続編。

XBOX360版のみ、前作アリスインナイトメアのHD版ダウンロードコードがついてきちゃいますよ(音声、字幕共に英語ですが…)!アリスインナイトメアはルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」を原作として、その後の物語を描いた作品ですが、ホラー要素や病み要素が加えられ、どこぞやの明るいお話とはまったくの別物。

そんな作品の続編が本作。病んだアリスのトラウマを克服させましょう!

ぐへへ、狂気のワンダーランドへようこそ!

ゲーム序盤をちょこっとご紹介

こちらがその、トラウマ抱えまくりのアリス。
これはいかにも病んでます。こう、ゾクゾクするような可愛さがありますよね……、ごくり。

ちなみに、ステージごとに新しい衣装が手に入ったり、DLCで色々な能力を持った衣装を購入することも出来ますよ!
最初からこんなことを言ってしまうのはアレかもしれませんが、本作はうんざりするほどステージが長いし、作業の繰り返しなので、モチベーションが下がったりしたら迷わず買うことをおすすめします(笑)。

さてさて、物語は「こんな街にいたら病状悪化するだけだわ!」と、いった感じのいやーな雰囲気の街からスタートします。

街の住人のデザインもすごいです。はい、これは完全に病んでます。
病みすぎておばあさんの鼻なんか、すごく卑猥な形になっちゃってますよ。

そして色々あって再びワンダーランドで訪れることになってしまいます。

ワンダーランドは美しい!?

おー、ワンダーランドすごい美しさです。街とはえらい差ですね。
本作はよく「雰囲気ゲー」と言われてしまうだけあって、ステージデザインにはついつい魅せられてしまいます。
雰囲気ゲーと言われているということは、それ以外は…、いやいや気にせず先に行きましょう。

アリスと言えばやっぱりこの猫!
そう、チシャ猫ですよね。

チシャ猫はこんなダークなデザインに仕上がっております。
ディ○ニーデザインのチシャ猫でも、どことなく怪しい雰囲気を出してますが、これは出まくりですね。
どう考えても悪そうです、こいつ。ハリーポッターのスネイプみたいに喋ります。

そして徐々におかしくなるワンダーランド

あ、あれ…
さっきまであんなに綺麗だった川が…、赤い……?

血です。血の涙です…
さっきまであんなに美しかったのに…、ワンダーランドは一体どうなってしまったのでしょうか。

この後、どんどんとワンダーランドは崩壊していきます。
一体どうなってしまうのか、それはあなたの目で確かめてみて下さい。

トラウマと戦え!

ゲーム中、アリスの目の前には様々な敵が現れます。
どれもゾッとするような奇妙な姿をした敵ばかり。
その中でも、一番よく出てくる敵がこちら。

地面からドロドロと這い上がって来ます。
そんなやつは包丁で切り刻んでやりましょう!

包丁を見るアリスの目がヤバイです。うひ、ゾクゾクしますね。
アクション面は特に癖もなく、よくある一般的なアンリアルエンジンを使用したアクションゲームって感じです。
「バットマン アーカム・アサイラム」なんかが近いかもしれません。
スピーディーであり、トドメを刺すときはスローになったり、という感じ。

また、ゲームを進めていくうちに様々な武器が手に入っていきます。
包丁の次はこのペッパーガンです。コショウの弾を飛ばします。

弾は無限ですが、連続で発射を続けるとオーバーヒートしてしまうので、クールダウンが必要です。
銃がペッパーとは、可愛らしい。

しかし、もっと可愛いのが爆弾!
ウサギのタイマー式爆弾です。

セットするとウサギがカタカタ左右に揺れながら時間をカウントします。
手動で爆発させることも可能で、壊れやすそうな壁を壊したり、スイッチの重しにも使います。

そして武器は、それぞれレベル4までアップグレードすることが可能!
敵を倒したときや、オブジェクトを破壊したときに飛び出す「歯」を集め、それを消費して強化します。
コインとかじゃなくて「歯」っていうのはいいセンスしてます。

ステージがちょっと単調?

アリスはLBボタンで小さくなることも出来ちゃいます。
普段の大きさなら入れない、小さな鍵穴だって入っていけちゃいますよ。
よーく周りを見ていないと見逃しやすいので注意です。

また、小さくなっているときしか見えないものもあります。
ステージで道が見つからなくて困ったときは、とりあえず小さくなって周りを見てみましょう。
様々なヒントが現れるかもしれませんよ…?

ステージデザインは素晴らしいのですが、ステージ構成は単調です。
スイッチを押して足場を作ったり、小さくなって透明な足場を探したり、それの繰り返しです。
ステージが変わっても見た目こそ変わるものの、やはり同じことの繰り返しなので、正直しんどい…
もうちょっと盛り上がりや、山場が欲しいです…

感想

評価:★★★☆☆ 2.5点

ステージデザインはとても個性的で面白いですが、ゲーム内容はとても作業的。
スイッチを押して足場を作って進む、戦闘、小さくなって透明の足場を探して進む、戦闘。
基本的にこれをずっと繰り返すことになります。

さらに、それに加えてステージがとても長い。1ステージに2~3時間はかかります。
ボリュームが多いのはいいことですが、これだけ単調だとちょっとした苦行です。

ストーリーも山場がなく、盛り上がりに欠けます。
一昔前の3Dアクションゲーム(ニンテンドー64ぐらいの頃?)のようで古くささを感じてしまいました。
たまにミニゲーム的なステージもあるにはありますが、どこかで見たことあるようなものばかり…

モチベーションが下がったらDLCのコスチュームパックを買いましょう(自動回復などの公式チートのような衣装もあるので、実績狙いならこの衣装で高難易度に挑むのもいいかも…)。

僕はアリスの可愛さでなんとか最後までプレイ出来ました。
あぁ…、こんなに雰囲気はいいし、そそられるのに、もうちょっとステージどうにかならなかったかな(笑)