RDRのゾンビDLC!PS3/XBOX360「レッド・デッド・リデンプション:アンデッド・ナイトメア」レビュー

レッドデッドリデンプションの大型DLC「アンデッドナイトメア」がついに発売されました。

RDR本編を持っている方は配信版もありますが、本編を持っていない方でもパッケージ版を買えばアンデッドナイトメアに加えてマルチプレイも遊ぶことが出来ますよ!

アンデッドナイトメアとは?

アンデッドナイトメアは本編のラストちょっと手前に位置するストーリーで、本編とはまったくの別物。
ある日突然死者が蘇り、次々と謎の疫病に感染して人々がゾンビになってしまいます。
妻と息子も謎の疫病に感染してしまい、原因を突き止めるために主人公ジョンマーストンが再び旅立ちます!

ホラーのようでどこかギャグっぽい、ゾンビ映画のB級感をうまく出しているユニークなDLCです。
くだらなくて、突っ込みどころ満載です。

弾薬がかなり貴重!

弾薬がかなり貴重な存在になっています。武器屋なんかもちろんやってません!
ゾンビを殺して持ち物を探るか、ゾンビに襲撃している街を救ったりすることで手に入れられます。

ゾンビは体に弾を当ててもまったくダメージを与えられません。
無駄撃ちしてるとあっという間に弾が尽きてしまうので、正確にヘッドショットを狙っていきましょう。

メミッションの内容

基本的にDLCということもあり、本編のような豪華なミッションはありません(一個列車を使ったミッションがあるだけ)。
メインクエスト、サブクエスト共にほとんどが、お使いです。

ゲーム中に主人公が「またお使いかよ」と言ったのには思わず笑ってしまいました。
お前が言ったらおしまいだろ!

メインクエストは基本的に、「墓の浄化」をすることになります。
墓に行って棺桶に火をつけ、ゾンビの大群を一掃するという作業の繰り返しです。

地面を這いずり回ったり、タックルしてきたり、毒を吐いたりする特殊なゾンビもいますが、基本的にこれの繰り返しなので作業感は否めません。
DLCとは言え、少々高めなのでもうちょっとミッションっぽいミッションが欲しかった。

ゾンビに襲撃されている街を救おう!

あちこちの街でゾンビによる襲撃が発生!

街を救うには周囲を徘徊するゾンビを一掃しなくてはなりません。
街を襲撃しているゾンビを一掃すれば、その街で休むことが可能になり、救った街から街へとワープが出来るようになります(キャンプはなくなっています)。

しかし、街は救ってもしばらくするとまたゾンビに襲撃されるので、そのたびに救いにいかなければいけないのがかなり面倒。
めんどくさいからって放っておくと街が壊滅しちゃうよ!

ゾンビに効果的な武器!

アンデッドナイトメアではゾンビ用に、たいまつ、聖水(おしっこじゃないよ!)、斧、ゾンビの餌、ラッパ銃など色々な武器が用意されています。
これらを効果的に使ってゾンビの群れを一掃してやろう。

聖水、ゾンビの餌などは採取した植物を調合することで作成可能ですが、採取すげーめんどくせぇ…

伝説の生き物も登場!

アンデッドナイトメアでは動物にも疫病の被害が出ているので、本編に登場した動物が全部ゾンビ化!
馬だってこんなことになっちゃってます。

ゾンビになった馬はスタミナ切れ(ダッシュしまくっても大丈夫)を起こしませんし、死ぬこともないので安心!
ただ、コントロールがしずらい。あっちこっちによろめくので大変です。

そんなときは伝説の馬をゲットしよう!
マップ上にたまに現れる伝説の馬をゲットすれば、ゾンビの群れも楽勝です。

炎に包まれた馬でゾンビにあたっくすればゾンビは火だるまです。
他にも3種類のユニークな馬がいるので、頑張って探してみてね。

こいつは一体……?

アンデッドナイトメアのマルチプレイ!

マルチプレイ(放浪モード)にアンデッドナイトメアのステージが追加されました。
最大4人で迫り来るゾンビの大群をどれだけ耐えられるかという、L4Dで言うところのサバイバルのような内容。
たまに現れる棺桶を開けることで制限時間を追加し、時間切れにならないようにしながら戦います。

時間切れになってしまうとゾンビが本気で殺しにかかってくるので(即死したりするので)、まぁ、生き残れません。
時間切れはゲームオーバーのようなものです。

うーん、どうもRDRのマルチプレイは盛り上がりに欠けますね……
つまらなくはないんですが、なんかね……

最後に

クリア時間は大体6時間前後ぐらいだと思います(サブクエストも含めて)。
RDRの世界がそのままゾンビゲームになっているのは大興奮だったのですが、ミッションのほとんどが「お使い」なので、値段が高めの割には単調でちょっとがっかりでした。

もっとミッションにバリエーションが欲しい!これに尽きます。

しかし、そこはRDR。エンディングは期待を裏切りません。
本編をやっている方にとっては思わずにやりとしてしまうエンディングです。
このエンディングのためにやるのもいいんじゃないでしょうか。