【海外】日本発売禁止の問題作、再び!PS3/XBOX360「Dead Space2(デッドスペース2)」

敵の胴体をとにかくバラバラにして息の根を止める!といった過激な内容から、ゲームなのに何故か胴体がバラバラになるというシステムをすごく恐れる日本ではもちろん発売禁止になってしまった前作。

ついに、待ちに待った問題作の続編が発売されました!

前作からどう変わった?

新システムなどの目新しい点はありませんが、全てにおいてパワーアップしているという印象です。
グラフィックはもちろんのこと、プレイヤーをビビらせる演出のバリエーションもかなり豊富で、思わず声を出してビビってしまうほど。
これが悔しくて悔しくて……、来ると思ってたよ!あぁ、来ると思ってたけどね!?みたいな感じです。

前作では主人公アイザックは「石村」という宇宙船の中で、少人数の仲間はいたものの結構孤独でした。
しかし今作では舞台が宇宙ステーションというだけのことはあり、人々と触れ合う機会が増えた(ほぼ死体)!?

ゴア表現にもかなり力が入っています!
うん!こんなの日本で発売出来るわけがない!

前作と違って本作はホラーよりもスプラッター寄りになった気がします。
とにかく敵がガンガン出てくるので、休む暇がありません。
敵もかなり本気で殺しにかかってきます。

本作から敵のパーツ(爪のような手とか)や物(鉄パイプのようなもの)を使って攻撃が出来るようになりました。
敵を殺してバラバラにしたら爪を浮かせて、他の敵に発射して突き刺すみたいなアクションですね。
これが結構な威力があるので使えるっちゃ使えるんですが、実際敵がバンバン出てきたらそんな余裕ないですよ(笑)

おっと、アイザックはエンジニアだということを忘れていました!
前作ではアイザックが戦士でも何でもないただのエンジニアだということをまったく感じさせませんでしたが、本作でついにアイザック’の本業を体験出来る!?

また、無重力空間の移動方法がジャンプで移動するものから、エアジェットで自由自在に移動できる方法に変更されました。
これは3D酔いする自分にとっては地味に嬉しい変更だ(笑)

豊富なスーツ、アップグレード!

今作は豊富な種類のスーツが用意されている模様。
ゲームを進めていくだけでも新しいスーツがどんどん手には入っていきますが、iPhoneゲームやXBLAのゲームをクリアしても報酬としてスーツがアンロックされていくようです(どれもまだクリアしていないので分かりませんが)。

やっぱりアイザックと言えばこのスーツですよね。
このスーツのデザインは本当に好きだ……

前作でもそうでしたが、このゲームの変わっている部分は「画面を一切切り替えない」という点です。
メニューを表示しても主人公の前に3Dで浮き上がったり、ライフゲージがスーツの脊髄部分だったりします。
ライフゲージが脊髄って!超クール!

こんなカジュアルなスーツもあるよ!

でも英語なんでしょ…?

そうなんです、残念ながら日本語版が発売するという予定は今のところありません。
どうして日本では部位欠損をそこまで恐れるんでしょうか…
だって、これは現実ではなくゲームなんですよ!?

と、キレたところで駄目なものは駄目なようなので海外版を買いましょう。
北米版、アジア版両方とも日本のXBOX360で動作するのでご安心下さい。

英語が分からなくても問題なく遊べるのがこのDead Spaceシリーズなんです。
何でかというとスティックを押し込むだけで進むべき道のガイドが出るんです。

こんなにガイド出ちゃっていいの!?
ってほど親切なガイドが出るので、ゲーム中で迷うことはほとんどありません。

ただ、ストーリーを理解するのは至難の業だと思うので、wikiなどで英語ペラペラの人が翻訳してくれるのをじっと待ちましょう…

気合いの入ったゴア表現!

本作も、前作に負けないほどのゴア表現がわんさか盛り込まれています。
ディスクも2枚組になったほどです。

このゲームで一番気持ちが良いのは、殺した敵を踏みつけて更にバラバラにするというとこですよね。
前作ではグシャン…、グシャン…とボタンを連打しても一定のリズムで踏みつけるだけでしたが、今作は連打に対応!?
グシャングシャングシャンと連続で踏みつけることが可能に!

更に連打しまくっているとアイザックがファックだのシットだのと汚い言葉を吐き捨ててくれます!
これは興奮する!うおおおおおおっとグシャグシャに。

と、最初のボスが登場!
なんとか倒したものの…、ボスの死体やべえこれ……

どん引きだわこれ……
こんなの一生日本で発売されねーよ!

Dead Space2は通称「木の温もり」!?

前作、宇宙船が日本語の「石村」だっただけに、通称いしむらと呼ばれていたDead Space。
今作は石村は出てこないため、みんな悲しい顔をしていたのですが……

なんとショッピングモールに「木の温もり」との日本語が!
こりゃ、Dead Space2の通称は木の温もりで決定かな。
あれ、Dead Space2って言った方が言いやすくない……?

マルチプレイに対応!

Dead Space2ではマルチプレイに対応。
Left 4 Deadのような対戦モードで遊ぶことが出来るはずなのですが……

遊ぶためにはEAサーバーに繋ぐためのパスワードを入力する必要があります。
これはソフトを買えばついてくるのですが、海外アカウントで入力しなければなりません。
海外アカウントの作り方は検索してみてください。すぐに見つかると思います。

海外アカウント(シルバー)で入力することが出来、一度海外アカウントでパスワードを入力すれば日本アカウントから遊ぶことが出来ます。

ちなみにゲーム中の死に方は様々。かなりの量の死に様が用意されています。
たとえばこんな感じ。アイザックさんが……
ね?どん引きでしょ?