裸眼3Dをその目で体験しよう!「ニンテンドー3DS体験会(8日)」に行って来た!

2011年2月26日に発売される「ニンテンドー3DS」。
発売に先がけ、本日1月8日、9日、10日と連続して行われる「ニンテンドー3DS体験会(初日)」に行ってきました。
3DSは「裸眼で3D映像が楽しめる」というのが売り。
3D映画や3Dテレビと違って、メガネをかけずに3D映像が見れるってどんな感じなわけ!?

映画「アバター」のように全身真っ青の宇宙人がセックスするやつみたいな……、あ、それはパロディAVの方か。
AVの方が楽しめたので、映画本編のことまったく記憶にないですが、とにかくすごいらしい!そんなわけで、1月8日は僕の誕生日だったわけなんだけど、一人で朝から幕張メッセへ行って来ました。
到着したのが丁度10時頃。10時頃でこれぐらいの行列でした。

東京ゲームショウの行列を考えれば、こんなの序の口。
む、むしろ空いてる!うん、空いてる!
約20分程ですんなり会場入り出来ました。

正面はイベントステージ。
毎日違った内容のイベントが行われるようです。

任天堂ミュージックライブなんかもやったりします。
今日はドンキーコングのテーマ、どうぶつの森メドレー、マリオメドレーでした。
ドンキーコングのテーマは胸が熱くなった。

まず最初に、とりあえず目に止まった「ニンテンドッグス プラス キャッツ(Nintendogs + Cats)」をプレイすることに。

ニンテンドッグス プラス キャッツ(Nintendogs + Cats)

ご存じ、可愛いワンワンと戯れることが出来るニンテンドッグズの新作。
今回はネコちゃんも追加されました。

さてさて、裸眼3Dはどんなもんかな……
う、嘘だろ……

正直本体を覗き込んで唖然としました。
ニンテンドッグズのタイトルロゴが浮き上がっている!?
これだけでアバターに完全勝利していた。浮き上がるロゴだけでアバターの100倍面白い!

そしてついにワンワン、ニャンニャンとご対面です。

また息をのみました。
あー、これ完全に画面の中に奥行きあるわー、やばいわー。
ワンワン呼んだらもうこれ触れちゃうんじゃないのってレベルだわー。

狂ったようにワンワン撫でて、クールに案内してくれたお姉さんにお礼行って去ったけど、心の中で「やべーよこれ、正直3DSって画面ブレさせてなんとなく立体に見える程度だと思ってたけど、そんなレベルじゃないわ。完成されてるわ」って大興奮。

3DSのフロントカメラは顔を認識するから、自分の顔を画面に近づけるとワンワンが舐め舐めしてくれるんだぜ……

ARゲームズ

3DSは裸眼3Dばかりプッシュされて影が薄くなっているけど、ARにも対応しています。
体験会で体験出来るARゲームズは、模様の描かれたカードに3DSのカメラを向けるとカードから3Dグラフィックが出てくるというもの。
これだけだったら別にiPhoneでいくらでもアプリあるし、そんなに珍しくない。

しかし、しかしです。
カードが置いてあるテーブルに穴があいてドラゴンが出てきたり、というかテーブルが波打ったりしちゃいます。
さらに、3DSにはジャイロセンサー(傾き感知みたいなもん)が搭載されているので、本体を移動させると3Dグラフィックを横から見たりも出来ちゃう!ここまでのARはiPhoneにもないはず!

体験会に行くなら、これは絶対に体験すべきです。

バイオハザード リベレーションズ

バイオハザードの完全新作らしいです。
ゾンビ、というよりかはサイレントヒルチックな感じのクリーチャーと少しだけ戦うことができました。
使用出来る武器はハンドガンのみなので、倒すのになかなか苦労しました(一回ゲームオーバーになったのは内緒です)。

操作性がいまいち悪く、ゲームとしてはまだまだ開発段階なのかなといった印象。
でもやっぱり3D映像は健在で、歩きながら何度も3Dを切ったり、つけたりして遊びました。
レーザーポインターが浮かんでるように感じたり!

メタルギアソリッド スネークイーター 3D(映像のみ)

PS2で発売したスネークイーターの移植なんですかね?
あれ、結構空いてる、人気ないのかなあ……と思ったら映像のみの出展でした。
しかし、映像のみの出展なのにこれがまた凄い!

もしかしたら裸眼3Dの機能をフルで使っているんじゃないか?といった印象でした。
とにかく綺麗。細かい草や花、全てに裸眼3D効果が適応されていて、見ているだけで心奪われます。
3DS、所見でいきなりこれ見たら相当びっくりするんじゃないかな……

新・光神話 パルテナの鏡

ファミコンディスクシステムで人気だったパルテナの鏡が、3DSで復活です。
と言っても、僕はパルテナの鏡やったことないんですけどね……

並んでいる間に見られる操作説明の映像がギャグきいてて結構面白かった。
ゲームは最初のステージ(イージーモード)か、ちょっと後半ステージ(ハードモード)を選択可能。
操作がかなり変わっていて、癖がすごいのでイージーモードやった方がいいかも。
僕はいきなり余裕っしょ!と、ハードモードをやったんですが、ボスを倒せずに時間終了してしまいました…

どちらのステージでも空中戦と地上戦が楽しめます。
ハードモードの空中戦は迫力満点でした。
すごいけど、あの操作方法どうにかならんかな(笑)

リッジレーサー 3D

入り口付近にいるレースクイーンのお姉さんマジセクシー。
じゃなかった、リッジレーサー3Dです!

なんとニトロブースト機能がついた!(どうやったらニトロたまるのかよく分からなかったけど、たまに使えた!)
なんかの記事で映像のスピードが速いと裸眼3D効果を発揮出来ないみたいなのを読んだ気がしたんだけど、問題なく裸眼3Dでしたよ?
自分の車だけ触れちゃうんじゃないのこれ!って感じです。
自分の顔写真を撮ると、友達と対戦中に画面に表示されたりするみたいです。

戦国無双 Chronicle

戦国無双かー、初代やったときにがっかりして以来無双シリーズから完全に離れたんですが(結構シリーズやってんじゃねぇか)、久々の無双です!あれから何年もたって、一体無双はどう進化したのでしょうか!

今回は自分のキャラを育てたり、武将とお話して好感度を上げたりと、腐女子仕様が強めみたいですね。
ゲームプレイ前に紹介ムービーが入ります。もちろんムービーも裸眼3Dです。

肝心のゲームは、相変わらずいつもの無双でした。まったく進化しないな(笑)
武将繰り替えシステムが画面タッチで出来るから結構やりやすいかも。

その他、行けなかったブース

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D

ゼルダ人気はほんとすごいな!
一番の行列がゼルダでした。
たぶん並んだら1時間、2時間コースなので気になりましたがスルーしました。

レイトン教授と奇跡の仮面

二番目に行列だったのがレイトン教授。
あれ、レイトンって3部作だったんじゃ……
いや、気のせい気のせい。レイトンは問題がある限りずっと出るんだよね。
それにしてもやっぱり人気なんだなあ、最初の街で挫折した僕としては何でか全然分からないけど。

スーパーストリートファイターIV 3D EDITION

僕は格ゲーがまったく出来ず、友達からサンドバッグにされるので大嫌いなのでやりませんでした。

DEAD OR ALIVE Dimensions

おっぱいの揺れ具合は少しだけ気になります。

Winning Eleven 3DSoccer

おい、今「ガラガラじゃねーか」って言ったやつ誰だよ!
出てこいよ!

STEEL DIVER

パイロットウイングス リゾート

顔シューティング

「自分の顔に襲われる」と、想像しただけでCEROいくつになっちゃうんだよと思って、怖くなったのでやめました。

ニンテンドー3DSカメラ

なんでも3DSにはカメラが2つついているから、撮影した写真を裸眼3Dで表示出来るのだとか。
ちょっと体験してみたかったかも。

立体映像出展

並ぶのがやだーって人は、こんな感じで3DSの映像だけ見ることもできるよ!
マリオカートの映像のところだけは行列が出来てたけど、他のならちょっと前の人待てばすぐだよ。

ニンテンドー3DS本体展示

そしてこちらがニンテンドー3DS本体!
最初はこの2色だけなんだねー。買うなら黒かな。
25000円は携帯ゲーム機としては高めだけど、これだけのスペックならやっぱり妥当かも。

最後に

いやぁ、本当に裸眼3Dには感動しました。
最近裸眼3Dのアンドロイド携帯が電気屋にあったのを見て、3DSもこんな感じなのかなーと思っていたんですが、やっぱりさすがは任天堂。完成度が全然違いますね。
これでラブプラス出たら一体どんなことになっちゃうんだろう。
想像しただけで胸が高鳴ります。ごくり。

でもやはり、ずっと3Dでプレイし続けるのはきついかも。
もちろん個人差はあるでしょうが、僕は立て続けに色々ゲームで遊んで、目がちょっと疲れました。
裸眼3Dボリュームが本体についてるから、疲れたらすぐにオフに出来るのも親切設計ですね。

そして何より一番感動したのは、並んでいる間に退屈させないようにモニターでステージの様子を生中継してくれているところ!
これのおかげで並んでいるのが全然つらくなかった。
ゲームショウもこのシステム取り入れてくれ!

「ニンテンドー3DS体験会」は9日、10日と行われるので、興味のある方は入場無料なので絶対体験した方がいいですよ!

リンク:ニンテンドー3DS体験会