PS3/XBOX360「ロストプラネット2」レビュー

今作からストーリーモードでCoopが可能になったロストプラネット2。
友達と一緒にストーリーを進められれ、こういうでかい敵を友達と協力して倒すのは本当に面白い。

しかし、友達が集まらないと一人でやらなければいけなくなるわけで、そんなときにCPUを連れて始めると、CPUが頭悪すぎてかなりきつい(長時間かければいけないこともないけど…)。
そんなわけで、一人でやる場合もオンラインで誰かしら見つけなければいけないのは結構面倒。
ステージによっては誰も入ってこなかったりするし…

それと、ストーリーモードを友達と遊ぶ場合、チーム全体の死亡回数が決まっているため、ある人が死にまくるといくら自分が頑張っていてもゲームオーバー。
しかもかなり最初からやり直しになるため、正直もの凄く萎える(下手したら数時間がパーになる)。
どうして途中からやり直させてくれないのか、完全に設計ミス。

まぁ、でもグラフィックはすごい綺麗。

ストーリーモードはたぶんある程度やったら飽きてしまうため、オンライン対戦に力を入れているはずなのですが、そのオンライン対戦の詰めの甘さがかなり目立ちます。
基本的に対人戦では最初に強い武器、ロボを取った人がずーっと勝っていたりします。

それに敵と向き合ったら手榴弾の投げ合い(一発で倒せるため)になってしまって全然も盛り上がらない。
前作のコロニーズのようにAK戦をメインに作ってほしかった(ロスプラ2コロニーズ出すつもりかも…)。

自分の使用キャラのコスチュームやアクションなどを自由にカスタマイズ出来る点はかなりモチベーションが上がって良かったのですが、武器、コスチュームなどは全てルーレットでの入手のため、なかなか欲しいものが出なかったり(結局コスチューム一回も出なかったな…)。

なんだかちょっと仕様を直すだけで神ゲーに変わりかねない雰囲気があって、とにかく残念な感じ。本当に惜しい。