初心者がXBOX360「Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)」をプレイプレイ!

ネットで大絶賛され、気になっている方も多い「STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)」。
僕も気になっているけどなかなか手が出せなかった者の一人でした。
最初、ネットでの大絶賛を見たときは正直「釣りか?」と思っていました。

そんなわけで、この間やるゲームがなくなり、じゃあやってみるかってぐらいで買ったわけなのです。
釣られたとしてもそれはそれでいいか、つまらなかったら売ったらいいし……
なんて考えてたあの頃の僕をぶん殴ってやりたい。

金曜日の夜に買い、その日は序章をクリアしたぐらいだったのですが、土曜日になってぼーっと始めているといつしか外は真っ暗、
今日(時間的にはもう月曜日だけど…)に至ってはお昼から始めてついさっきまでずーっと画面から離れられませんでした。
土日だけで20時間プレイさせて頂きました。
もうどういうことか分かりますね?

正直、サウンドノベル?ギャルゲー?というものを馬鹿にしていた自分恥ずかしくて仕方なくなりました。
そもそも僕はサウンドノベルのようなゲームをするのが今回は初めてなんですよね……
だからちょっと不安だった部分もあるんですが、大丈夫だった!むしろ震えた!

そもそもこれはギャルゲーに見えるかもしれないけど、全然ギャルゲーではなくって(最初ギャルゲーだと思ってた)、純粋にストーリーがもの凄いしっかり考えられていて、グイグイ引き込まれます。
じゃあ萌え要素はないのかっていったらそういうわけではないけれど、萌え要素を嫌う人でも全然いけると思う。
それぐらいに引き込ませるストーリーなのです!キリッ

■ストーリー
「ニュージェネレーションの狂気」による渋谷崩壊から1年後、秋葉原はラジオ会館ビルの屋上に人工衛星らしきものが墜落していたニュースで沸き上がっていた。

秋葉原を拠点とする総勢3人の小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」のリーダーで、厨二病から抜け出せない大学生の岡部倫太郎はサークル仲間と日々ヘンテコな発明を繰り返していた。2010年7月28日、岡部は単位取得のため同期にして友人の橋田至と共に向かった講義会場で、弱冠18歳でアメリカの科学誌に学術論文が掲載された天才少女、牧瀬紅莉栖と出会う。しかし、彼はその数時間前にラジオ会館の8階奥で大量の血溜まりの中に倒れる彼女を見ていた。そしてそれを橋田へ報告した携帯メールは、何故かその1週間前の日付で受信されていた。

検証の結果、発明品の一つである電話レンジ(仮)が偶然にも携帯メールを過去へと送るタイムマシンとしての機能を備えていたことが判明する。そしてその偶然が全世界の未来を左右する出来事になると、世紀の大発明に浮かれていた「この時の」岡部自身は知る由もなかった―――。(Wikipediaより)

■こんな人におすすめだと思う

・PS3ではなくあえてXBOX360を選んだあなた。
・ネットに多少詳しく、それなりのオタク用語が分かる。(分からなくても辞書付きだから安心!)
・「時間」に関係する映画、小説なんかが好きだ。(バックトゥーザフューチャー系)

■サウンドノベル系初体験のあなたに(初体験だった僕が不安だったこと)

Q.前作「カオスノッドノア」というのがXBOX360で出ているけど?
A.噂によるとストーリーがつながっているわけではないみたいです。ドラクエシリーズみたいな感じと書いてありました。
実際僕は前作をやっていないわけですが、何も問題なかったです。

Q.サウンドノベルって選択肢によって結末が変わるんだよね?面倒じゃないの?
A.初体験の僕はこれが一番不安でした。でも分岐はすごく簡単で、攻略サイトを見たら楽々でした。
※攻略サイトを見るのが面倒だったらそれぞれの章の最初にセーブを作っておくだけで困ることはないよ!

Q.女の子と恋愛するの?そういうのはちょっと……
A.ちがうよ。全然ちがうよ。
恋愛系ゲームではないです。はっきり言って。純粋にストーリーを楽しんで!

Q.体験版やったけど正直ピンと来なかった……
A.体験版は序章が出来るだけなので、正直ピンと来ないかもしれません。
ただ、4章!4章ぐらいまでは無理をしてでも進めてみて下さい。そこから一気に加速します。

Q.セリフが中二病すぎて吐き気がする……
A.正直これが一番抵抗あるかもしれません。なんなの?死ぬの?って思うかもしれませんが大丈夫です!
元々主人公は中二病という設定なので、そういうキャラだと思ってプレイして下さい。
ネタバレになるかもしれないので今はそれしか言えませんが……

Q.キャラクターを見てると胸がドキドキするんだけど
A.安心して下さい。それが「萌え」です。
いやいや、そういうゲームじゃないからこれ!しかし……、フェイリスニャンニャンかわいいのう……ごくり。

Q.彼女が欲しくなりました……
A.病気です。すぐに医者へ行って、そんな感情を捨てて下さい!あなたに彼女なんか出来ません!しっかり画面を見て!

つまりまとめると……
「どうしようか迷っているぐらいだったら、とりあえず買ってみて!」ということ。

全エンディングをクリアした今から思うと、迷うことなどどこにあったのか!
小説として出ていたとしても、アニメとして出ていたとしても、どちらであっても大絶賛されることでしょう。そんな作品。

……いいですか?
ヒロインがレイプされたり、彼氏が白血病になったり、子供が流産したり、ドラッグに溺れたり、そんなくだらない小説読んでないでシュタインズゲートをやって目を覚ますんだ!!
と、言って歩き回りたい……