前立腺で感じろ!PS3/XBOX360「BAYONETTA – ベヨネッタ – 」

体験版が配信され、プレイしてからというものずっとベヨネッタが頭から離れなくなってしまっていました(ベヨネッタ綺麗だよハァハァ的な意味も含む)。

もちろん体験版をプレイした直後に初回限定版を予約したことは言うまでもありません。

そしてついにベヨネッタが発売され、つい先ほどノーマルモードをクリアしました。
発売前には4時間ぐらいでクリア出来るなどの情報もあったようですが、僕がプレイした時間はクリアまで大体10時間程でした。
誤情報に僕自身釣られてしまったわけですが、アクションゲームで10時間って結構ボリュームある方でしょ?
もしかしたらイージーモードとかでムービー飛ばしてたら4時間も可能とかなのかな?

まあそれはいいとして……
一言で言って、これは「歴史に名を残す神ゲー」であることに違いありません。

まず、デビルメイクライとは違って敵の攻撃を避けるボタンがRTボタン固定が嬉しい。
デビルメイクライでは敵をロックした状態でジャンプボタンと横ボタンなどと結構大変だったのが、ワンボタンになったことでストレスなく敵の攻撃を避けることが出来る!
このゲーム、敵の攻撃をギリギリで避けることによって発動する「ウィッチタイム(一定時間敵の動きがスローになる)」が攻略の鍵なので。

この敵がスローになるシステムがとてつもなく気持ちが良い。
この気持ちよさ、デビルメイクライの生みの親だからこそ出来たのだと思う。
この凄さは文章じゃ伝えることがなかなか難しいので、やっぱり体験版をやってみてもらいたいです。

操作はとっても簡単で、攻撃ボタン2つの組み合わせだけで無数のコンボが出ます。
難しいコマンド無しでこんなに気持ちよくなれちゃうよ。
後半になればオオカミ?やコウモリに変身出来たり、武器も増えていきます(敵の武器も拾って使えます)。
戦闘曲が美しい女性ボーカルの歌声っていうのもすごく良い……

難易度はやっぱり結構高め。
僕はあまりアクションが上手ではないのですが、ノーマルでもかなり苦戦しました。
クライマックスアクション」と言うだけあって、最初から最後まで一切気が抜けません。
でも、回復アイテムがお手頃価格で買えるようになっているし、ステージで拾った素材からアイテムを作ることも出来るので、詰むという程ではありませんのでご安心を。
イージー、ベリーイージーモードもあるしね。

ショップには他にも技、アクセサリー(装備することで様々な特殊効果)、衣装が変化する香水などわくわくもいっぱい。
何周もしたくなるようなやり込み要素もあったりします。
個人的に嬉しかったのが、ショップで技のお試しが出来るという点。
実際に技を出してみてから買えるってすごく素晴らしいよね。

デビルメイクライでは正直ストーリーはないようなものでしたが、ベヨネッタは結構ストーリー重視してます。
そのため、ムービーが結構長かったりするのですが、スキップもちゃんとついてますよ(最初はスキップしちゃらめぇ)。

ここまで良い点ばかり書いていましたが、実はちょっと個人的に気になる点もあります。
まず、やっていて気づくのが、敵の使い回しがかなり多いこと。
あれだけのクオリティの敵をたくさん作るのはやっぱり大変だと思うのでしょうがないことだとは思いますが、結構目についてしまって「き、鬼畜すぎる……」と、涙がにじみました。
特にラストステージ近くのボスラッシュ……、どんだけ鬼畜なんだ。
ドMの僕じゃなきゃ泣いてるよほんと。

次はムービー中に突然入る回避システム。
いきなり画面にボタンなどが表示され、それを押すタイミングを逃すと即死……
なんてことが多々あります。
ドキドキを耐えさせないためなのかもしれませんが、初見殺し気味で軽く萎えます。

僕が気になったのはこれだけ。
エンディングの演出も素晴らしかったぁ……

これからもっとやり込もうと思います!
間違いなくアクションゲームの最高峰です。

前立腺でこの爽快感を感じるんだ!