XBOX360「FORZA MOTORSPORT3 -フォルツァモータースポーツ3-」

ついに発売した最強のレーシングゲーム、FORZA MOTORSPORT3が発売になりました。
自由に車にペイントが出来るということで、一部では痛車作りが盛り上がっています。
僕のような車をただの移動手段だとしか思っていないような素人から、プロまで、どんな人でも楽しめる素晴らしい作りになっています。

素人のあなたには!
オートブレーキ機能により、アクセル全開のまま走っていても自動でカーブなど減速してくれます。
また、失敗してもセレクトボタンを押すだけで何度でも時間を巻き戻せるという新機能も搭載されているので、
最初からレースをやり直す必要がなく、萎えません!
車のグレードアップなどもお金の状況に合わせてコンピューターが自動でやってくれたりするので、難しいことを考えなくても大丈夫!
(※僕はこれらにすごく助けられています)

プロってるあなた!
車に詳しくない僕が言うのであれなんですが、クラッチだとかシフトアップだとか、プロってるあなたは全部自分で操作することが可能!
タイヤの空気圧とか、車のグレードアップもすごく細かく自分好みに!

素人には優しく、プロには満足出来るまで細かく。
とにかくすごく親切なのです。びっくり、誰も傷つかない!

また、この作品はXBOX360のレーシングコントローラーに対応しているので、専用コントローラーを買えば、本物さながらの体験が可能になるのです!

そんなわけで、このざまだよ……

結構しっかりした作りになっているので、安っぽさは感じません。

あなたは専用コントローラーと聞いて、どこまで想像しますか?
僕は正直ただハンドルの形をしているだけだと思っていたんです。
ですが、なんと専用コントローラーはゲームセンターのレースゲームのように、ちゃんとハンドルを持って行かれる。

そのためアダプターを指す必要がありますが……、ちょっと凄すぎだろこれは……
ご家庭でゲームセンターさながらのレース体験が出来るのです。

……でもお高いんでしょ?

いえいえ、今なら値段がお安くなって1万円程度で買えますよ。
ちなみに、僕はAmazon様で8000円程で購入させて頂きました。
Amazonがこんなに安く売れる仕組み知りてえ……
そりゃ、街のゲーム屋さんが大変なわけだ。

また始めたばかりですが(ずっと友達と対戦してたのでストーリーモードはほとんど進めてません)、
こちらが僕の愛車です。

Fallout3の「Vault-Boy」のステッカーを貼りました。
ちなみにこちらのステッカー、当然ですが神職人さんのものを購入しました。
他人の作ったステッカー、車のデザイン、ステータスなど様々なものがゲーム内通貨で購入可能!

後ろにはちゃんと初心者マークもつけました。
こちらも神職人さんのものを購入させて頂きました。
ほんと職人さんってすごい……

ちなみに上の2枚の写真はインターネットにアップしてこのように使用することが可能になっています。
ゲームで写真を撮ったらストアにアップして、以下のURLにアクセスしてサインインすれば見れますよ。
他にも動画とかもいけるのかな……?
こうやって画像をプレイヤーがブログなどにアップすることによって売り上げを上げる作戦か……
よく考えてるぜ……

現在売り上げ上位にはどのような作品があるのか見てみましょう。
今回は「アニメ」部門をご紹介します。

いいですか……
これらの作品は一切、画像の取り込みを行っていないのです。
全て手作りなのです。

それだけですごいと言うのに、なんとペイントは……

これらの用意された図形の形、大きさ、傾きなどを変えて何個も何個も重ねて制作されているのです。
こんなの簡単でしょうと思っているその作品も、やってみると分かりますが、かなりの時間と労力がかかります。
なので、この上位の売り上げのハルヒなんかは一体どれだけの時間がかかっているのか……
考えただけでも恐ろしい。日本人の職人芸、見させて頂きました……

購入したステッカーは自分の車に自由に貼ることが出来ます。
では、あずにゃんを購入したので貼ってみましょう。

す、素晴らしい……、ビューティフォーあずにゃん。
どんなに素晴らしい作品でも10000CRが最高金額なので、そこまで辛い思いをせずに買うことが出来るので、
神様の作品を購入しているだけでも幸せになれます。

というわけで、僕も神になるべくさっそく制作開始!

出来たのがこちら。
サウスパークのキャラクター、タオリーです。
「TOWELIE」で検索すれば出ると思うので、欲しかったら買って頂戴ね。てへ。
これだけのものでもレイヤーを約50枚程使用しています。

神様には一歩も近づけないクオリティーですが、現在6人の方が購入してくれて、本当に嬉しいです。
ありがとうございます、ありがとうございます……

まだまだお伝えしたいことは山ほどありますが(車の種類が400台以上?コースこれ一体どんだけあるんだよ……などなど)、こんな神ゲーを是非一緒にプレイプレイ!