日本発売禁止の問題作。PS3/XBOX360「DEAD SPACE」

この土日、家族が猫を置いて韓国へ旅行に行ってしまったので実家で猫の世話をしていました……
猫を横目に、僕は何をしてたのかというと、実家の巨大液晶テレビでXBOX360を楽しんでいたのでした(わざわざ持っていきました)。
それ以外することもないしね……

じゃん!買ってしまいましたXBOX360「DEAD SPACE」。

このゲーム、日本での発売禁止が正式に決定してしまったがために、海外版でしかプレイ出来ません。
何で規制されたのか、それはプレイすればすぐに分かります。

このゲームで鍵を握るのが「部位破壊」。
敵の腕、脚、首をいかに効率よく破壊していくのかが重要になります。
弾節約てきな意味でも。
首を飛ばしただけでは敵は死なず、床を這ってでも主人公を襲い続けます。
なので、どうするのかというと。

とことん部位を破壊してバラバラにしなくてはいけないのです。

そして破壊した部位のあまりのリアルさ。
とっても生々しい。こりゃ、発売禁止にもなるわ……
でも、それが爽快!

画面に体力ゲージやメニューなども一切なく、会話ムービーなども無し。
そして無重力空間では本当に上下感覚がなくなるし、宇宙空間においては無音になるなど、こだわりを感じます。
敵の登場の仕方など、バリエーションも多く、毎度毎度ビビらされます。
映画みたいです。というか、今度映画化するとか……?